執る

全て 動詞
1,741 の用例 (0.01 秒)
  • すこし離れたところに折葉さんが父の日記を執りあげて読んでいました。 坂口安吾『露の答』より引用
  • すこし離れたところに折葉さんが父の日記を執りあげて読んでゐました。 坂口安吾『露の答』より引用
  • 計画の総指揮を執っている建築家が昨日の新聞の文化欄に書いていたわ。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • あなたたちのなかには出世して大艦隊の指揮を執る人間もいるでしょう。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 01 絆のかたち』より引用
  • とはいえ、その事は生への執著を一切離れてしまったことにはならない。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • 口にさえしなかった位だから、弓矢を執っての活動などあろう筈が無い。 中島敦『李陵・山月記』より引用
  • さらに欧州連合の軍事作戦にも任務に応じて指揮を執ることができる。
  • それに夜になって人の家の庭前にわさきなどへ来て角力なんか執るものではない。 田中貢太郎『庭の怪』より引用
  • である以上、ラインである自分が有無を言わせず指揮を執るべきだった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 08 九州撤退戦・上』より引用
  • 彼らはこの隠居が再び出馬して政権を執ることを希望するようになった。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • ブロックの死の後で、シェフが戦場に到着しイギリス軍の指揮を執った。
  • 本当にもうそれより以外に僕の執るべき態度は無いような気がしていたのだ。 太宰治『パンドラの匣』より引用
  • 僧はそれを見ると傍の火打石を執って火を出し、それを竈の下へ移した。 田中貢太郎『竈の中の顔』より引用
  • 実は千翼長が十人はいるんですけど、司令部から指揮を執るようにと。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 09 九州撤退戦・下』より引用
  • 科学側と魔術側、どちらが作戦指揮を執るかでめ事を起こしかねない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第02巻』より引用
  • 約6年指揮を執ったが1回も優勝出来なかった事で責任をとり辞任した。
  • 数年ののち、彼はイングランド軍の一部の指揮を実際に執るようになった。
  • この刺客は、孫文派の一員であった朱執信により派遣されたものである。
  • 記者はそのような人々のために特に慎重にこの筆をらねばならぬ。 夢野久作『東京人の堕落時代』より引用
  • シーズン途中にバディ・ベルに代わり監督に就任し、まで指揮を執った。
  • 次へ »