埴輪

全て 名詞
1,159 の用例 (0.02 秒)
  • A号墳の様に埴輪は出土しておらず、6世紀末の築造と推定されている。
  • この石棺せきかんほかに、陶棺とうかんといつてあか埴輪はにわのようなものかんがあります。 浜田青陵『博物館』より引用
  • 同年4月には本格的な第1次調査が行われ、この時も埴輪が出土した。
  • そこでは、人物埴輪と円筒埴輪が列状に配置された状態で検出されている。
  • 埴輪は認められておらず6世紀末葉の最終末の前方後円墳とみられている。
  • すでに数多く知られている関東地方の男子埴輪にくらべると次の特色がある。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 04』より引用
  • 頭上運搬は古くは7世紀後半の古墳時代の埴輪にその姿を確認できる。
  • 今やってるのはね、まず古代の埴輪はにわの味を出した小さいもんだ。 斎藤隆介『職人衆昔ばなし』より引用
  • また別の時に滑石製斧形石製品や舟形埴輪、家形埴輪が採集されている。
  • 墳丘は二段構造となっており各段の縁と墳丘の裾部に埴輪が配列されていた。
  • 人物埴輪は1978年3月15日付けで北本市指定文化財に指定された。
  • 昭和44年耕地整理の工事中に偶然埴輪が発見され、緊急調査が行われた。
  • 埴輪や須恵器が出土したが、本格的な発掘調査はまだ行われていない。
  • 墳頂部には赤く塗装した底部穿孔壺が円筒埴輪のように配列してあった。
  • かつて墳丘から形象埴輪が出土したといわれるが詳細は明らかでない。
  • 墳丘は二段で、表面には葺石がふかれるとともに埴輪が巡らされている。
  • ここからも、生出塚産と推定される人物埴輪・円筒埴輪が出土している。
  • 周濠部分からは造り出し部から転落したと思われる埴輪類が出土している。
  • 出土した埴輪などの資料から築造時期は5世紀第3四半期と考えられる。
  • 周囲は円筒埴輪はにわで囲まれ、川原石によって後円部の半分まで覆われていた。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • 次へ »