埴輪類

11 の用例 (0.00 秒)
  • 周濠部分からは造り出し部から転落したと思われる埴輪類が出土している。
  • 埴輪類は精巧な家形埴輪2点と壷形埴輪25点以上で構成されていた。
  • 埴輪類は平成5年2月17日付けで町指定有形文化財に指定された。
  • 同様に出土した埴輪類から、寺院建立以前に古墳や住居が存在していた可能性も推定されている。
  • また金製勾玉と形象埴輪類を含む出土品は、1995年、県指定有形文化財に指定されている。
  • 出土品は江戸時代の発掘で散逸しているが、県内最古級の特殊台系譜の初期円筒埴輪片や壺型埴輪、異形埴輪片などの埴輪類が確認されている。
  • 墳丘のほとんどを削平され、埋葬主体も検出されなかったが、墳丘を囲む幅2mほどの周濠から埴輪類が出土した。
  • 戦前の発掘調査で、墳丘からは家形埴輪、円筒埴輪、蓋型埴輪などの埴輪類が、後円部墳頂からは土師器高杯が出土している。
  • 葺石が葺かれ、埴輪類が配されていた。
  • 出土遺物は円筒・朝顔型円筒・人物・馬・盾など各種埴輪類、須恵器・土師器があり、特に円筒埴輪は7条突帯のある直径50センチメートル、高さ1メートルを越す大型品で、貼付口縁と低位置突帯の特徴がある。
  • ほか、大刀や盾、埴輪類では器財埴輪、馬形埴輪、武人埴輪など。