埴輪等

15 の用例 (0.00 秒)
  • 隣接する今城塚古代歴史館では、日本最大級の家型埴輪等が復元展示されている。
  • 柏原支群は埴輪等の出土品があるものの古墳そのものはほぼ全てが削平を受けている。
  • 内部構造は明らかとなっていないが、出土埴輪等により5世紀末から6世紀初の築造と推定される。
  • 埴輪等の外部施設は確認されていないが、前期古墳の墳形を良く示しており、4世紀末から5世紀初めの築造と推定されている。
  • 墳丘上部の盛土は削平され、石室の一部は崩壊し天井石が消失しており、葺石や埴輪等も見られない。
  • 古墳時代の家形埴輪の棟木の上に何本か並列に並べられている様子が、今城塚古墳出土の埴輪等にみられる。
  • 大きな鶏形埴輪等を市立陵西小学校の生徒が発見、当時、市立高田中学校教諭の網干善教によって専門誌に紹介された。
  • 近畿自動車道建設予定地の地下から発掘された埋没古墳の遺構の1つであり、墳丘が古墳として最小規模のものでありながら、重要文化財に指定された大型の家形埴輪等が出土している。
  • 葺石・埴輪等の確認なし。
  • また、境内に今伊勢古墳群に含まれる野見神社古墳があり、勾玉や埴輪等が出土しているが、土師氏が土器の製造のみならず、古墳の築造にも深く関わっていたことも参考になる。
  • なお、7カ年に渡る復元整備事業が2011年3月で完了し2011年4月1日、日本初となるであろう埴輪祭祀場を発掘調査位置にレプリカにて復元し、また復元埴輪等を展示する今城塚古代歴史館と史跡今城塚古墳を一体的に公開し、世界に向けて歴史遺産として発信しすることとなった。
  • 円筒埴輪、馬形埴輪、騎馬像形埴輪、盾形埴輪等が採取されている。
  • 考古学における出土遺物としての人形には、祭祀用途の土偶や木製人形、副葬品としての埴輪等があげられる。
  • 古墳の被葬者は、形状や埴輪等の年代的特徴、また『古事記』『日本書紀』『延喜式』など文献資料の検討から、6世紀のヤマト政権の大王墓と推定され、6世紀前半に没した継体天皇とするのが学界の定説になっている。
  • 円筒埴輪や朝顔形円筒埴輪等が出土した。