埴輪片

32 の用例 (0.00 秒)
  • この工事中に埴輪片が発見されている。
  • 遺物としては埴輪片と平安時代のものと思われる土師器の坏を得た。
  • 情報は少ないが、採集された埴輪片から、4世紀後半の築造が考えられている。
  • 主体部の構造や副葬品については未詳であるが、円筒埴輪片が採集されている。
  • また、墳丘上では埴輪片や拳大の石が見られることから、埴輪列・葺石の存在が推定されている。
  • なお、1988年の所在確認調査時に墳丘西側から円筒埴輪片が検出されている。
  • 墳丘には埴輪が存在することが知られ、その埴輪片から5世紀前半の築造と推定される。
  • また、昭和3年に名所地区で埴輪片が発見されている。
  • 埴輪片には、柵形埴輪、蓋形埴輪、家形埴輪などの形象埴輪を含んでいた。
  • 埴輪片は近くの富沢窯跡で出土したものと似ている。
  • 墳丘の周辺で発掘調査がされた時、墳丘から流出した大量の埴輪片が出土したことがあり、また後円部裾部が試掘調査されたことがある程度で本格的調査は行われたことはなかった。
  • 埴輪片などから、7世紀頃の古墳とみられている。
  • 残存部16メートルの円墳で、墳丘には葺石が確認され、埴輪片が採取されている。
  • 正式な発掘調査はされておらず、墳丘で採集された埴輪片から、6世紀中頃から後半の築造と推定されている。
  • 埋葬施設、副葬品については明らかではないが、周辺から採集された埴輪片から6世紀の後半の築造と考えられている。
  • 内堤上からは埴輪片や土器などが発見されているが、古墳そのものの築造年代判定資料に乏しく内部構造も不明である。
  • 現地調査により、既掘孔底に鉄剣片などが露出し、その周囲には埴輪片が散乱し、かなりの規模の古墳であると推定された。
  • かつて周濠から円筒埴輪片が発見されたと伝わる。
  • 昭和61年に周溝の一部で発掘調査が行われ、盾持ち人埴輪4体と円筒埴輪片が発掘されている。
  • さらに古い時代の遺構・遺物には、弥生時代の竪穴住居跡、古墳時代の埴輪片が出土した。
  • 次へ »

埴輪片 の使われ方