埴輪

全て 名詞
1,159 の用例 (0.01 秒)
  • また、埴輪のなかにも椅子にすわった人物像がいくつも発見されている。 加藤秀俊『一年諸事雑記帳(下) 7月~12月』より引用
  • そして、古墳の造営に関連して埴輪製作を担当していたと推定している。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 02』より引用
  • それによって埴輪人形の眼は実に異様な生気を現わしてくるのである。 和辻哲郎『人物埴輪の眼』より引用
  • これらの特殊土器類が発達し変遷して円筒埴輪の発生や成立に関係した。
  • その顔は埴輪はにわのように穴のような眼と口だけしか描かれていない。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 前方部からは人物・動物・器財などの形象埴輪の出土が確認されている。
  • 本殿は高さ一〇メートルほどで、弥生時代の埴輪はにわ家そのままの形だった。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • この古墳の造り出し付近の発掘調査で埴輪の配置が明らかにされている。
  • 細部の調査は行われておらず、墳丘上の埴輪や葺石は確認されていない。
  • 博物館のなかに陳列されているのは、そのような埴輪ばかりではなかった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 01』より引用
  • そして関東地方を除くと埴輪も使用されないようになっていく。
  • 後円部法面の調査が行われ墳端埴輪列と葺石の確認作業がなされた。
  • また埴輪はにわ人形にんぎよううまおなかたちのものを、いしつくつておはかてたこともありました。 浜田青陵『博物館』より引用
  • 主に古墳の副葬品として出土し、埴輪や石人にも着装した姿が見られる。
  • 墳丘と周溝から埴輪が発見されたが、第1次墳丘に伴うものとみられる。
  • 埴輪生産は5世紀末葉から6世紀末葉まで継続されたものと推定される。
  • 調査が開始されるとすぐに、埴輪列と鉄器を埋納した遺構が検出された。
  • 埴輪作り専門の技術者がいたのではないか、と現場は色めき立った。 堀ノ内雅一『指紋捜査官 「1cm2(平方センチ)の宇宙」を解き明かした男の1万日』より引用
  • また、後円部からは墳丘に近い周濠全体からは円筒埴輪が出土している。
  • がらんとした部屋の、一方の壁に沿って、八体の小型埴輪が並べられていた。 多島斗志之『症例A』より引用
  • 次へ »