域に達する

70 の用例 (0.00 秒)
  • おれはいつになったらあの男の域に達することができるのだろう。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 運動選手や職人が一流の域に達すると、道具が自分の体の一部になるという。 麻生俊平『ザンヤルマの剣士』より引用
  • だが、パーンがそのいきに達するまでにはまだ、何年もかかるだろう。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • そうした玄人の域に達するに欠けていたものを身につけられるのは獄内だけである。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(4)』より引用
  • この状態から繰り出される打撃は人知を超えて悪魔の域に達する。
  • 予算のたて方についても、勉強次第ですぐにベテランの域に達する。 山口瞳『江分利満氏の華麗な生活』より引用
  • 移動のための装置が完璧の域に達することで、終局的には脚が不用に帰する。 ウェルズ/宇野利泰訳『宇宙戦争』より引用
  • 斯くして予が明子の夫を殺害したる目的は、始めて完成の域に達するを得ん。 芥川竜之介『開化の殺人』より引用
  • こうした環境は個人規模では不可能な制作活動を可能にし、チェコのガラス芸術は国際的に高い域に達する。
  • 常識的に考えれば両方兼ねるがよいということになろうが、その域に達するのは困難なことだ。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • このゐきたつするにも、今日こんにちのやうな浅薄せんぱくなものをて、神霊しんれい目醒めざめねばならぬ。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 04 20080623』より引用
  • 剣を使うものが、どんなに剣を使いこなしても、剣道の妙域に達することはできない。 南條範夫『山岡鉄舟(三)』より引用
  • スタンブリングベースとも言われる手法は未だブレイクの域に達するものはいない。
  • したがって神知学者はまことに先見の明があるというべきで、改善したいと思うものは何によらずすべてのものが完璧の域に達すると観察してきている。 ビアス/奥田俊介・倉本護・猪狩博訳『悪魔の辞典』より引用
  • 作られたものから作るものへという労作的生命の極において、主体は環境の中に自己を没することによって生き、環境は自己否定的に主体化することによって環境となるという域に達するのである。 西田幾多郎『絶対矛盾的自己同一』より引用
  • あまりにも住宅が高騰して、平均的な収入では最早購入するのが不可能な域に達すると、二世代ローンも登場した。
  • これが完成の域に達するには、生涯しようがい研鑽けんさんに費やしても、いまだもって十分とは決していえない。 ドイル/延原謙訳『緋色の研究』より引用
  • 名人の域に達するまでには、人生はあまりにも短い。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • まず「モノとしての電子本」についてだが、それが完成の域に達する時期は、おそらく、私たちがいま考えているよりもかなり早いのではないかと思う。 津野海太郎『本はどのように消えてゆくのか』より引用
  • やがて激情の域に達すると、彼はぴたりとひきやめ、彼女と眼を見合わせながら尋ねた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 次へ »