城郭

全て 名詞
1,854 の用例 (0.01 秒)
  • その官名は城郭の四方を守る将軍である大率に由来するとする説もある。
  • この時期に秀吉の侵攻に備えて大規模な城郭改築を行なったと見られる。
  • 江戸末期明治時代には高さ五丈の城郭型灯籠が作られたという記録がある。
  • 城郭内にありながら、江戸時代から身分を問わず参詣が許可されていた。
  • この改修は城郭としての防備はあまり考慮されていないと思われている。
  • 江戸時代の軍学者により分類された地勢による城郭分類法の一つである。
  • 当時は本庄城と呼ばれており、木柵で防御された中世式の城郭であった。
  • 臨戦用の陣城と推定されており、恒久的な城郭施設の存在は不明である。
  • これは初期徳川系城郭の特徴のひとつで「加納城型」とも呼ばれている。
  • 鎌倉時代初期に源頼親が城郭を築いたのが起りという伝承が残っている。
  • 古墳とも中世の城郭跡とも明確な結論がつけにくい構造となっている。
  • 城郭的施設はなかったようだが、政宗の時代に何かの施設が置かれたらしい。
  • 史料に記載が無く、平成になり発掘調査で存在が確認出来た城郭である。
  • 天正年間近傍にあった下田城をイメージして城郭風の駅舎となっている。
  • 公園入口には隅櫓風城郭建築様式の福知山市佐藤太清記念美術館がある。
  • 鎌倉時代末期の建武2年に荘兼祐がこの山岳寺院を改造し城郭とした。
  • 世界各国の大半の城郭都市は、城壁に囲まれた中に城と街が存在する。
  • このため、この区域にあった上之山城の城郭部は破壊されて残っていない。
  • 地方の城郭にこのような大規模な総構えがあることを警戒していたという説もある。
  • 建物は日本の城郭屋根を乗せた、当時流行の帝冠様式の建築である。
  • 次へ »