城寺

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 九華山の化城寺には現在でも金喬覚の肉身仏が祀られているという。 ...
  • これは、新羅の地蔵という僧が、この地にある化城寺に住したことに因むものである。 ...
  • 亜紀は、小百合から夫、円城寺裕のことを色々教えてもらい、メモを取った。 ...
  • そういう穴ごもりのあるたびに、いく人かいる食客しょっかくのうちから、決ってこの金城寺きんじょうじ平七がお供を言いつかって来るというのも、実はこの金城寺平七という見事な名前を持っている男が、名はあっても心を持っているかいないのか分らないようなところがあるためだった。 ...
  • 次男に演劇評論家の円城寺清臣、弟に商店雑誌社主筆の円城寺艮がいる。
  • そのため、長安の郊外に、豊に似せて城寺街路を築き直し、豊の民を遷した。 ...
  • 私が円城寺裕と付合っていることを。 ...
  • 新羅の金喬覚和尚がこの地の化城寺で修行中、齢99で入滅した際、3年経って棺を開いて塔に奉安しようとしたところ、その顔貌が生前と全く変わることがなかったことなどから、地蔵菩薩とこの僧を同一視する信仰が生まれ、地蔵王菩薩の聖地となった。 ...
  • 晋代には治城寺が建立される。 ...
  • 朝鮮からの渡来人たちは、湖西から湖南の地に新羅の分国をつくり、その領域を一般にソボルとよび、精神的拠り所として新羅明神を祭り、それに付随した神宮寺として原園城寺を建立したのではなかったか。 ...
  • 新ギタリストに円城寺慶一、新ドラマーに秋田浩樹が加入。
  • 「甲斐武田氏、常陸佐竹氏の祖である源義光は、近江園城寺の新羅明神の神前で元服したので新羅三郎と呼ばれる」というのが、一般的な通説となっている。 ...
  • 江戸時代になると、徳川家康は大坂の陣1614年に、吉野の要害と寺院勢力旺盛なことを勘案し、南光坊天海に命じ金輪王寺を元の實城寺に改めさせ金輪王寺寺号を没収。 ...
  • 同日 清房園城寺を火き、緇徒を屠る。 ...
  • 円城寺 あやは、日本の女優。