城奪回

29 の用例 (0.00 秒)
  • 尼子経久による富田城奪回に参加したといわれ、その戦の功により執事となる。
  • 長岡城奪回にあたっての戦闘体制は、おおよそ次のようであった。 松本健一『われに万古の心あり』より引用
  • 同年、氏治は海老ヶ島城奪回のため宍戸入道に攻撃させた。
  • 長岡城奪回作戦は、右のように十名の前哨兵を案内人とし、城の東北およそ一里にある八丁沖を渡るという夜襲作戦であった。 松本健一『われに万古の心あり』より引用
  • ただ、月山富田城奪回の話は同時代の史料等では余り確実な情報が無いため、この一連の事件を疑問視する見方もある。
  • 勝光3年、宋と同盟が成立し、かつての都である統万城奪回に向かったが、北魏は逆にこれを破って侵攻し、平涼も陥落した。
  • さすがの義祐も事態の深刻さを受け止め、12月8日、領内諸将を動員してまず紙屋城奪回の兵を出した。
  • それはともかく、虎三郎の片腕で和平派の三島億二郎が長岡城奪回の夜襲作戦において先陣を担当したように、この段階では長岡藩士のすべてが戦闘に加わっていたといっていい。 松本健一『われに万古の心あり』より引用
  • 氏治は直ちに小田城奪回を試み、5千5百の兵を率いて佐竹軍を破り小田城を奪還した。
  • 氏治はこの両度の勝利に悦び、小田城奪回の目指した。
  • この三島が栃尾において軍を指揮し、また長岡城奪回にさいしては、まだ二十四歳と若い家老の山本帯刀とともに第一軍の指揮をとったわけだ。 松本健一『われに万古の心あり』より引用
  • 月山富田城奪回の攻城途中に病にかかった久盛は、再興軍の居城である真山城にてまもなく死去した。
  • しかし、浪人となった経久は、富田城奪回を狙っていた。
  • ついに生命とりの重傷になったわけだが、全戦局にとっては、けっきょく長岡城奪回そのものよりも、はるかに大きな打撃であった。 中野好夫『世界史の十二の出来事』より引用
  • その余勢を駆って佐井田城奪回も狙ったがこれは庄勝資と植木秀資に阻まれ失敗した。。
  • それでも小田勢は優勢で敵の首級を多くあげ、佐竹勢は城内へ逃げ込んだものの、小田城奪回はならなかった。
  • 永禄12年に藤井皓玄が備後神辺城を占拠した際には、三吉隆亮と共に神辺城奪回に貢献している。
  • 白井賢胤は大内水軍の主力として仁保島城奪回を目指し攻撃するも、仁保島城将香川光景に撃退された。
  • 勝に乗じた長岡藩兵は、一挙に失城奪回をはやったが、さすがに河井はこれを制して、いったん兵をおさめた。 中野好夫『世界史の十二の出来事』より引用
  • 磐城国は全域が新政府軍の支配下に入り、白河口方面では須賀川に留まって白河城奪回を狙っていた会津、仙台、二本松藩の部隊があったが、守山藩、三春藩の寝返りによって敵中に孤立し、会津藩経由で仙台藩への撤退を余儀なくされていた。
  • 次へ »