城城主

166 の用例 (0.00 秒)
  • やがて三島氏とこの地を治める帰雲城城主内ヶ島氏は勢力争いで対立する。
  • 肥後国の本渡城城主で、丸目長恵も一時身を寄せていたともいわれる。
  • 更に信長は近隣の勝竜寺城城主細川藤孝に出軍を命じ攻城軍に加わった。
  • 後に河和田城城主春秋氏の一族が拠り、水戸城の支城として維持された。
  • この戦いで十九条城城主の広良は野々村正成に討たれて戦死する。
  • チャミダレアミタケ城城主・茶乱網武に対し、2回も暗殺を目論んだ。
  • 永正年間、備中松山城城主、上野頼久が大檀越となり寺景を一新した。
  • 基胤は家康に降伏し、堀江城城主としての地位は容認され、徳川家臣となった。
  • 寛永6年になって、当時の神戸城城主一柳監物が、諸堂宇を再建した。
  • やがて荒廃したが、天正年間に松倉城城主三木自綱により再興される。
  • 相良氏庶流で肥後国山鹿郡内田村の日渡城城主家の内田氏の子孫にあたる。
  • 樽屋の祖先は刈谷城城主であった戦国武将・水野右衛門太夫忠政である。
  • 永禄5年、高瀬城城主となった綱寛は、出雲侵攻を開始した毛利氏へと下っている。
  • 豊綱は戦国時代の大洲城城主であり、宇都宮家最後の当主となった。
  • 戦国時代、富山城城主の佐々成政が数百万両の軍資金を隠したとされる埋蔵金伝説がある。
  • その後、輝宗に仕え、天正11年にはわずか18歳にして原田城城主を継いだ。
  • ハンターとなった後はマクベスの父親モレイ城城主フィンドレイを暗殺している。
  • 父の康長が畿内へと移動した後は勝瑞城城主となる。
  • それが蜂ノ巣城と呼ばれ始めた以上、室原知幸は蜂ノ巣城城主ということになる。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 奥州煙ヶ獄城城主・鈴木氏勝が元家臣の煙丸に謀殺され、煙ヶ獄城は煙丸に乗っ取られる。
  • 次へ »