城主

全て 名詞
7,310 の用例 (0.03 秒)
  • しかし城主の癩患は、その悪性の点に於て、他に類例が無いのであった。 国枝史郎『神州纐纈城』より引用
  • 今も残っていると、その城主に仕えた者が話したことである。 根岸鎮衛/志村有弘訳『耳袋の怪』より引用
  • でも、むかし教団に歴史に詳しい女城主シャトレーヌがいて、その人から聞きました。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • 副将が本丸にいて、城主が二の丸にいるというのはまともではなかった。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • カフェ・モールというのはアラブ人の城主たちの応接間みたいなものだ。 ドーデ/大久保和郎訳『月曜物語』より引用
  • 第一、長井長弘が、当時稲葉山の城主であったかどうかも判然としない。 桑田忠親『斎藤道三』より引用
  • 城主の沢井左衛門雄重たけしげのまわりは、つねに甲冑の人々でつつまれていた。 吉川英治『新書太閤記(十)』より引用
  • 一人は叫んで剣を抜き、一人は城主軍を敵とするよう、大声で命令を下していた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第02巻 「黄金の戦女神」』より引用
  • こわばった笑いではあるが、とにかく城主は笑いを浮かべて言った。 田中芳樹『アルスラーン戦記02』より引用
  • 城主はそれ以上探索もしないで、この哀れな女を城に連れていった。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(上)』より引用
  • やがて崩壊する街の最後のおもりは、黙って城主を送り出すことだった。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • この階級の女性は〝女城主シャトレーヌ〟と呼ばれ、男性はさまざまな称号で呼ばれる。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • 彼らは城主の意をもつて、再び石垣を築くために単独の行為をとつた。 横光利一『静かなる羅列』より引用
  • 景虎かげとら幕舎ばくしやを張った位置は一昨日まで城主神保じんぼ居間いまのあった場所である。 海音寺潮五郎『天と地と(五)』より引用
  • 勝頼は若冠十六歳で、信濃国、伊奈高遠城主として迎えられたのである。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • ドイツのエレンフェルズの城主が、ある日突然、何処へともなく姿を消した。 桐生操『美しき殺人法100』より引用
  • こうして、右近の父は荒木村重によって高槻城の城主となったのである。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • 部屋の中はとりたてて特徴はなく、城主の部屋にしては質素である。 吉野匠『レイン1 雨の日に生まれた戦士』より引用
  • 下働きにしてはいいドレスを着ているが、城主の家族にも見えない。 今野緒雪『スリピッシュ! 01 ―東方牢城の主―』より引用
  • 城主一党じょうしゅいっとうのみ通ることを許される大扉おおとびらが、開いたのである。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第16巻』より引用
  • 次へ »