城主織田信清

6 の用例 (0.00 秒)
  • 初め、尾張の犬山城主織田信清に仕えて岩倉織田氏と交戦している。
  • 以後も信長に仕えており、永禄4年6月に発生した犬山城主織田信清の反乱を鎮圧する戦いにも従軍している。
  • 岩倉織田氏の内紛を見た信長は信賢との戦いに備え、父織田信秀死後独立勢力化していた犬山城主織田信清に対し、自分の姉・犬山殿を嫁がせ味方に組み入れた。
  • その後犬山城主織田信清の弟・広良が城主となるが、永禄5年に広良が美濃斎藤氏との軽海の戦いで戦死、信清の家臣である和田新助が城主となった。
  • 以後は楽田織田氏の居城となったが、織田寛貞の代に、永禄初年に尾張で最大勢力となった織田家末流の織田信長についた犬山城主織田信清に攻略され、信清の出城となった。
  • 初め犬山城主織田信清の家老として、小口城主を務める。

城主織田信清 の使われ方