城主秋山信友

5 の用例 (0.00 秒)
  • こうして意見を戦わせているうちに、結局は、城主秋山信友と正室ゆう女の意見に任せるより他はないだろうということになっていった。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 美濃国岩村城主秋山信友は設楽ケ原で武田軍大敗北の報を聞くと、直ちに、籠城の準備を始めた。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 美濃の岩村城主秋山信友とも打ち合わせて、迎え撃つ準備は終った。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 信元は長篠ながしのの戦のあと、信忠のぶただ兵団に属し、東美濃にあって武田勝頼かつより軍に備えていたが、かねて親交のある美濃岩村城主秋山信友のぶともに兵糧米を融通した疑いがかかり、陣を捨てて逃亡を図った。 池宮彰一郎『本能寺(下)』より引用
  • 信長は、岩村城主秋山信友の正室ゆうの方に書状をしたためた。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用

城主秋山信友 の使われ方