城主石川

20 の用例 (0.00 秒)
  • 文禄3年、豊臣家臣・播磨国龍野城主石川光元の子として生まれる。
  • という徳川家康の命を守って、掛川城主石川家成は、はやる部下たちを押さえていた。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 中畠氏は、三芦城主石川氏の一族で、石川光幹が国神城を築城し中畠氏を称したという。
  • 元和10年日田永山城主石川主殿守忠総により、元宮から現在の位置へ遷座された。
  • 尾張犬山一万二千石の城主石川貞清は次女珠子たまこの夫である。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • このとき城主石川久智の子・久式は毛利勢として九州へ出陣しており、尼子氏に屈する。
  • 江戸の初期、松本城主石川氏のときに柏原、重柳等近隣諸村に分家を派出し、それぞれ保高組の大庄屋をつとめている。
  • 北の犬山城は城主石川貞清が守っており、竹中重門、稲葉貞通、加藤貞泰らの美濃勢の加勢を含めて二千の兵が集まっていた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 板倉家が残した借財に対して「鈴鹿郡野史」では「武士の威信を失墜すること甚だしきを以て後任城主石川総慶の政治上に大なる支障を生するに至れり」との記録が残されている。
  • 義清は加悦城主石川直経と、一色九郎は守護代延永春信と結び戦いを繰り広げたが、加悦城を攻め落とされ一時没落したこともあったらしい。
  • 百目木石川氏は塩松石橋氏の重臣で、三芦城主石川氏の庶流であり、光昌の伯母は宗家の第24代当主・晴光の正室であった。
  • 小野宿のある小野地区は古くから松本・諏訪地方と伊那谷との境界であり、天正19年の松本城主石川数正と飯田城主毛利秀頼による領有権争いのときに豊臣秀吉の裁定により中央で真っ二つに分割されて以来、現在も辰野町小野、塩尻市北小野に分かれたままである。
  • 関ヶ原の戦いでは、尾張国犬山城主石川貞清が本戦に赴いた後に同城を守備し、戦後所領を没収の上、常陸国松岡城に幽閉されて自刃した。
  • しかし、北方では大崎方の援軍として参戦した最上義光に伊達領内各所を攻略され、さらには小手森城主石川光昌が相馬義胤を頼って離反したため、政宗自身は相馬方への備えに回っており、南方戦線への援軍は全く期待出来なかった。
  • 両社は古くは1つの神社を成していたといわれるが、小野盆地において飯田城主毛利秀頼と松本城主石川数正の領地争いがあり、天正19年に豊臣秀吉によって盆地が北小野・南小野に分けられたことに伴い、当社境内も分割された。
  • この福島正則執政期の尾張国は、旧秀次領を没収して引き継いだ秀吉直轄領、福島正則領、黒田城主一柳直盛領・犬山城主石川光吉領などが入り組んでおり、洞迫間村一帯を含む知多郡・愛知郡南部は福島正則預かりの秀吉直轄領であったとみられる。
  • 信将は南北朝時代の武将で陸奥国石川郡安泉城主 石川大膳大夫詮持の血筋をひく大窪庄太夫光里の末弟であり、主君 佐竹中務義秀から、安島吉兵衛信昌の養子として安島氏の分家を興すことを許され、安島姓と名乗ることで創始された家系である。
  • 取り囲んだのは、石田三成の女婿で尾張犬山城主石川貞清と福知山四万石の城主小野木重次を中心とする丹波、但馬の武将たちであった。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 一方、伊達領南方においても、2月12日に蘆名義広が大内定綱を遣わして苗代田城を攻略、伊達方の小手森城主石川光昌は相馬義胤を頼って離反するなど、南北より攻められる形となった政宗はいよいよ進退窮まった。
  • いで石見守の長男の松本城主石川玄蕃頭げんばのかみ豊後ぶんごに流され、その縁戚えんせきの宇和島城主富田信濃守、同じく延岡城主高橋修理大夫しゆりだゆうが改易に処せられた。 半村良『セルーナの女神』より引用