城主池田輝政

6 の用例 (0.00 秒)
  • その後、江戸時代に姫路城主池田輝政や明石城主小笠原忠実らに帰依され、一部が再建されて現在にいたっている。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 06』より引用
  • 江戸時代になり、姫路城主池田輝政の三男忠雄が領主になった際に廃城となり、まず岩屋城、次に由良成山城に居城する。
  • 姫路城主池田輝政の子であり徳川家康直孫である福本藩藩祖池田輝澄は1662年に没し、法名「大雲院殿一関徹心大居士」となった。
  • 宇喜多家が滅亡し、そのあとを備前、美作みまさか五十一万石を与えられた小早川秀秋こばやかわひであきも、わずか二年で若死したのち、慶長八年二月、姫路城主池田輝政てるまさが、その次男忠継ただつぐを岡山城主としてから、備前領は、急速な発展をみたのである。 柴田錬三郎『決闘者 宮本武蔵(下)』より引用
  • 慶長8年、備前28万石は姫路城主池田輝政の次男忠継に与えられたが、幼少であったので兄の利隆が「備前監国」として代政した。
  • 天正5年南景和尚の代に臨済宗に転じ、その後、南室和尚の徳を称え姫路城主池田輝政が姫路城の建築資材を分け与え本堂を再建する。

城主池田輝政 の使われ方