城主最上義光

8 の用例 (0.00 秒)
  • これについては山形城主最上義光が、実季が裏では小野寺方と通じていて実は東軍方と言えないとして徳川家康に訴えている。
  • 慶長5年の関ヶ原の戦いでは、山形城主最上義光への援軍第一陣として伊達政景の指揮下に入る。
  • 満延は武勇に優れ、天童氏らと共に山形城主最上義光と長きにわたり争い、しばしば義光を破った。
  • これを聞いた山形城主最上義光は、文禄4年、楯岡城主楯岡満茂が率いる軍勢を湯沢城に差し向けた。
  • 天正12年、出羽統一を図る山形城主最上義光に攻められ、寒河江大江氏とともに滅亡した。
  • 天正12年12月24日、山形城主最上義光が天童城を攻略したのち、本丸跡に社殿を建立し社領1370石を寄進した。
  • 慶長5年山形城主最上義光は関ヶ原の戦いに際して、慈恩寺に対して「立願状」を出して戦勝を祈願した。
  • 天正3年山形城主最上義光嫡男として生まれる。

城主最上義光 の使われ方