城主室原知幸

8 の用例 (0.00 秒)
  • そして、この日ついに城主室原知幸は記者団を城中に招請したのである。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 城主室原知幸の逮捕は、砦に通う反対派に深刻な動揺を与えていった。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 城主室原知幸の擅断せんだんぶりの前に、部落の者達はおのずから口をかんし始めていた。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 城主室原知幸は自らに迫る激突の時を前にして、激動する首都の有様をどのように見ていたのだろう。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 一九六〇年の元旦、城主室原知幸は七時には登城し、やがて次々と詰めかけた部落の男達と共に屠蘇を酌み交した。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 正に、城主室原知幸には啓蒙専制君主の称号が相応ふさわしかったかもしれない。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • それでいて、何故城主室原知幸の拘禁の間に九地建が蜂ノ巣城立入りを強行しなかったのか、定かな理由は分らない。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 気を取直した城主室原知幸は、ここで持前の芝居っ気を発揮し、全員に万歳を三唱させたあと、対岸の見物客にマイクで挨拶をした。 松下竜一『砦に拠る』より引用