城主佐藤忠能

5 の用例 (0.00 秒)
  • 永禄8年には、加治田城主佐藤忠能が信長に寝返り、加治田城を攻めようとした堂洞城主の岸信周が織田軍に討たれた。
  • 永禄8年、関城主長井道利と共に織田信長に寝返った加治田城主佐藤忠能と戦うが、援軍に来た織田軍に敗れ一族もろとも城を枕に自刃した。
  • 永禄8年、織田信長が斎藤龍興の美濃侵攻にかかった際、加治田城主佐藤忠能の使者として密かに犬山へ行き、丹羽長秀を介して信長に内通の意を伝えた。
  • 永禄8年には、美濃佐藤氏国人衆で美濃において有力勢力である美濃要所でもある加治田城城主佐藤忠能・忠康父子と加治田軍が梅村良澤の説得に応じ、丹羽長秀の内心工作の働きもあり、梅村良澤を使者として信長に寝返る。
  • 加治田城主佐藤忠能に従う。

城主佐藤忠能 の使われ方