城主の地位

20 の用例 (0.00 秒)
  • 安土桃山時代には一城主の地位を認められ4万石の領土をもつなど栄えた。
  • 義元により追放され牛久保城主の地位を失っていたと考えられる貞成は蟄居した。
  • 福士氏は九戸氏と親戚関係にあり、このため九戸政実の乱の後は不来方城主の地位を失っている。
  • 城主の地位は世襲化する傾向があり、また地方の有力者が城主の地位を掌握し、中央政府がこれを追認する例もあった。
  • しかし、約束されていた城主の地位は牧野氏に戻されないまま、保成は今川氏の置く城代の軍事指揮権に服していたと考えられる。
  • 和議の条件として、道善に対し四国統一の後に富岡城主の地位の確保し勝浦郡を与えるという案を示した。
  • しかし今川氏の支配を嫌った民部丞貞成は、弘治2年には今川義元に城主の地位から追放された。
  • ジギスムントはほとんど選択せずに黙認せざるを得なかった、歴史家はまたクシーの演説はデューを嫉妬させ、デューはフランス軍での城主の地位ゆえに、自分こそがスポークスマンとしての名誉を持つべきだったのにと感じていたのだと書いている。
  • 代々、陸奥国南部に栄えた安積伊東氏の一門・家臣として安子島城主の地位にあった。
  • 東三河に退いた貞成は既に同年2月今川義元の布達で牛久保城主の地位を失っており、蟄居隠棲した。
  • なお、大田資正は北条方との戦いで実子を失っていた難波田憲重の婿養子として松山城主の地位を継承していたとする説があり、その後実家の太田氏の家督を継いで岩槻城に帰還したものの、引き続き松山城の城主としての立場を主張することになったとされている。
  • この経緯については諸説あるが、一般的には天正の備中兵乱の際、三村氏譜代・石川氏の娘婿・重臣の立場にでありながら毛利氏に加担し、高松城主の地位を得たとされる。
  • シャージーはティクリートの城主に任じられ、彼の死後はアイユーブがティクリートの城主の地位を継承した。
  • 武時から一部始終を聞いた妻・浅茅は、老婆の予言を国春が知れば、城主の地位を脅かすものとして武時を殺そうとするに違いない、そうなる前に先手を打てとそそのかし、武時の心は揺れ動く。
  • 友照は50歳を過ぎると高槻城主の地位を右近に譲り、自らはキリシタンとしての生き方を実践するようになった。
  • 弘治2年、牛久保城主であった牧野貞成が今川氏に逆心したことにより牛久保城主の地位を失ったと考えられ、今川義元の差配によりその後継は右馬允となった。
  • そのため中途の弘治2年2月には今川義元により牛久保城主の地位を追われ、一族で親今川派の牧野成定に代わられた。
  • 同年4月には京都に詰めていた長男繁時を加賀に呼び戻して松任城主の地位を譲り隠居したが、同年8月の蓮如の吉崎退去においては護衛役を買って出て蓮如を丹波国まで護送し、褒章として蓮如より六字名号を与えられた。
  • なお、三村元親の叔父三村親成は当主元親を諫止できなかった咎を受けて減封されたものの所領は一応安堵され、引き続き成羽鶴首城主の地位をも許された。
  • 加賀松任城主である鏑木繁治の嫡男として生まれ、松任城主の地位を引き継ぐ。