城主となる

260 の用例 (0.00 秒)
  • 家康の関東入国の後に伊豆国1万石を与えられて韮山城の城主となった。
  • おそらく、初めから女の城主となったのは彼女が、はじめてであろう。 池波正太郎『火の国の城 下』より引用
  • 徳川家康によって貞昌が長篠城主となったため、主要な城ではなくなった。
  • 天正元年に没したと言われる父・豊後守伊定の跡を継いで志方城主となる。
  • 伊勢国河曲郡出身で、父とともに神戸具盛に仕えて、高岡城主となった。
  • 成瀬正頼の長男として生まれ、家督相続後は木戸城主、六名城主となる。
  • これにより、代わって江戸氏が新城主となり、その支配は以後7代続いた。
  • 忍城主となった成田氏の家臣とあり、生きた時代は戦国期とみられる。
  • 天正4年、父・正親が死去するとその跡を継いで三河西尾城主となった。
  • こうして、右近の父は荒木村重によって高槻城の城主となったのである。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • いずれにしても頼雄が城主となって揖斐氏を名乗り、子孫が代々後を継いだ。
  • 慶長13年、父の死後に三条5万石の城主となり、堀家の執政職となる。
  • 翌年8月に土岐政房が勝利し、保重の次男直保が北野城主となった。
  • 現在の城郭は、最後の城主となった豊臣秀吉時代のものが多くあらわれている。
  • その後安重の家系は代々塚原城主となり、一門衆として鹿島氏に仕えた。
  • しかし、越智郡2万石が残されたので養子である高吉が今治城主となり残った。
  • その後永禄年間には別所氏の一族の別所重宗が城主となっていた。
  • その後、長男の家直は崎村城主となり、三男の家種が補佐役を務めた。
  • 文政元年父景貞が病で隠居したため、家督相続して白石城主となる。
  • 三守護の後には信長に従った村重が伊丹城主となり、摂津1国を支配した。
  • 次へ »

城主となる の使われ方