城主であり

35 の用例 (0.00 秒)
  • また先祖は近江源氏高島氏の一族で田中城の城主であったともいわれる。
  • 私が城主であったならば絶対にお前を城に入れるようなことはしなかったろう。 酒見賢一『墨攻』より引用
  • 家老でこの城の最後の城主であった木村重茲も連座、城も廃城となった。
  • 第一、長井長弘が、当時稲葉山の城主であったかどうかも判然としない。 桑田忠親『斎藤道三』より引用
  • 大永四年勝幡城主である織田信定に攻められこの城を明け渡した。
  • 嫁いだ後は、明政は海津城の城主であったため海津殿と称されるようになる。
  • なお、当時は有働兼元が城主であった可能性も指摘されている。
  • 天文年間、布土城主であったと伝えられるが、その経緯は明らかではない。
  • 十市 遠康は南北朝時代の武将であり、大和国十市郡の十市城の城主であった。
  • 伏見城主である勝俊は、戦を前に城を捨てて来たに違いなかった。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 第7世・古堂周鑑の際に、刈谷城主である水野家の菩提寺となっている。
  • 刈谷城主である水野氏一族が小原村に来て居城したといわれている。
  • 家康の天下取りの野心は、岡崎城主であった時からのものである。 西村京太郎『天下を狙う』より引用
  • 石川氏滅亡以前より宗治が城主であったともいわれる。
  • 三河国東部の有力国人であり、初代今橋城主であった成時の子である。
  • したがって、このころ太田荘の島津氏が城主であったことは間違いないとされている。
  • ただ、豊岡城主である杉原が三木城番を兼ねていたことは文書が残っている。
  • 蜂屋頼隆が織田信長に内心してから、天文・永禄の頃には岸信周が城主であった。
  • また、上杉謙信の母である虎御前はこの城の城主であった長尾房景の娘である。
  • その後、相良氏は本渡城主である天草尚種の弟天草越前正を当城に入れた。
  • 次へ »