城下

全て 名詞
5,835 の用例 (0.02 秒)
  • 三人は城下へ行くのをやめて、その日は自分の村へ帰ってしまいました。 秋田雨雀『三人の百姓』より引用
  • 城奥の女性、城下の有力商人たちと顔つき合わせて談合するのが務めだ。 藤沢周平『秘太刀馬の骨』より引用
  • 一番汽車はまだないから、二人とも城下まであるかなければならない。 夏目漱石『坊っちゃん』より引用
  • この見識か虚栄かのために、名古屋城下に住むことがいやになりました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 陣十郎と隼人は敗北を認めて、ずっと城下から離れた田舎いなかへ逃げ込んだ。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • 父が二十五歳のとき、高知城下の西にあった井口いぐち村で刃傷事件があった。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • 赤穂城下には広島藩からも監視役として例の井上団右衛門が滞在中であった。 野口武彦『忠臣蔵 ― 赤穂事件・史実の肉声』より引用
  • 城下士の子弟の一人が引きずられるように宙を飛んで川の中に落ちた。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 江戸を立ってからちょうど九年目の春を、彼は福岡の城下に迎えた。 菊池寛『恩讐の彼方に』より引用
  • この二三ヶ月間に余が知れる将校の城下にたおれたる者は枚挙まいきょいとまあらず。 夏目漱石『趣味の遺伝』より引用
  • 爾来じらい、二人は城下を歩きまわっているが、織右衛門はその姿を見せない。 山田風太郎『忍びの卍(まんじ)』より引用
  • その城下を通って行くと、その横に小さな三丁周囲めぐりくらいの池がある。 河口慧海『チベット旅行記(下)』より引用
  • 高知城下にもほとんど来たことはなく、代々住んでいても知る者も少い。 半村良『産霊山秘録 下の巻』より引用
  • 今日の城下は、ロアデルが知っているいつもの街ではなくなっていた。 今野緒雪『スリピッシュ! 03 ひとり歩きの姫君(前編)』より引用
  • どうせ帰り路だったのだし、まだこの先、高遠のお城下まで三里はある。 杉本苑子『絵島疑獄(下)』より引用
  • 城下が相手にしている人間は、確かに普通の世界の人間ではない。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • となれば城下の側にしてみれば、からだの関係を持っておいたほうが安心できる。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • 城下を捕まえることができたのは、翌々日の夕刻になってのことだった。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • 月に一度、加世は城下から一里先の村にある林松寺という寺に行く。 藤沢周平『隠し剣秋風抄』より引用
  • 翌日は若い者を案内役としてつけてくれたので、城下一帯を隈なく見物した。 南條範夫『山岡鉄舟(三)』より引用
  • 次へ »

城下 で始まる単語