城を落とす

75 の用例 (0.01 秒)
  • 伏見城を落として以来、この近江一円に敵はいなくなっていたからである。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • その後、絡め手側別働隊の奇襲が成功し、その日のうちに城を落とした。
  • また翌8月7日、松永軍に属していた高田城を落とし40の首を挙げた。
  • 三人衆も畿内の諸城を落とされ、三人衆の勢力は一旦畿内から放逐された。
  • 広南阮氏の将・武性の勇戦に苦しめられ、城を落とすには至らなかった。
  • 信君は高天神城攻略の大将であり、城を落としたのは信君の才覚であった。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 秀吉侵攻軍はわずか19日で朝鮮の首都漢城を落とした。
  • 以後、北陸軍は上野・武蔵など関東北部の後北条属城を落としながら南下する。
  • 平氏は得た情報を元に湖を決壊させて城を打ち破り、その後火打城を落とした。
  • 勝頼は戦いらしい戦いをせずして飯山城を落とし、国境を越えた。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 鳶ノ巣山城を落とすには鉄砲の偉力を充分に発揮するしかないと思っていた。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 天正2年6月に勝頼が遠江高天神城を落とすと、その城将に任命された。
  • 家康の真意は三成ではなく、あくまでも大坂城を落とすつもりであった。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • また、条件を満たすと城を落としたときに武将が切腹しなくなる設定もできる。
  • 万度帰は左回と尉犁の二城を落とし、さらに都の員渠城を攻めた。
  • プレイヤーは配下部隊を指揮し、敵軍を壊滅させたり、城を落として目標を達成する。
  • 特に九州征伐では蒲生氏郷と共に岩石城を落とす活躍をしている。
  • さらに進軍して文侯・華谷・高壁の3城を落とすのに、文振は功績があった。
  • 秀吉は小田原城包囲を続ける一方で別働隊を編成して武蔵にある北条家の属城を落とさせた。
  • 兀惹は必死で抵抗し、契丹軍は兀惹の城を落とすことができなかった。
  • 次へ »