城を奪回

71 の用例 (0.00 秒)
  • コートカプラ城を奪回することは、軍事よりむしろ政事まつりごとの問題であった。 田中芳樹『アルスラーン戦記09』より引用
  • その生涯で、数百回戦い、十数万の敵を破り、20余りの城を奪回した。
  • 永禄年間、高直の子、重直は、吉川氏の助けを得て当城を奪回した。
  • 官軍は長岡城を奪回した七月二十九日、別隊が新潟を占拠している。 阿井景子『西郷家の女たち』より引用
  • 永禄2年4月、氏治の家臣で土浦城主・菅谷政貞は小田城を奪回した。
  • 三月には国連軍は京城を奪回し、総司令官のマッカーサーは中国本土の爆撃を要求した。 片岡義男『日本語の外へ(上)』より引用
  • 賀年城を含め、大内方に奪われていた城を奪回している。
  • しかし、三宅国村はすぐに三好長慶の支援で三宅城を奪回している。
  • この翌年、経久が居城としていた月山富田城を奪回する計画に勝重も参加した。
  • しかし翌年には皇帝軍が城を奪回するために再び来襲し、1635年7月に占領され終戦を迎えた。
  • しかし成氏は反撃に出て文明4年に古河城を奪回した。
  • そして永禄9年2月、家親が宇喜多直家に暗殺されたのに乗じて高田城を奪回した。
  • 退去後に頼った先は不明だが、後に毛利氏と結んだ正盛は永禄5年夏頃に尾高城を奪回した。
  • その後、岩城氏・小野崎氏・江戸氏らの協力によって、永正元年には常陸太田城を奪回することに成功した。
  • そのまま柱国の陸通の下で石泉城を奪回した。
  • パルスとシンドゥラの両軍がコートカプラ城を奪回し、あらたな作戦を展開しようとしていたころ。 田中芳樹『アルスラーン戦記09』より引用
  • その後、岩城氏などの援助を受けて形勢は逆転し、永正元年には常陸太田城を奪回することに成功した。
  • 同年8月、白子原の戦いで北条勢を破り、翌大永6年6月には蕨城を奪回した。
  • 晴通の子・波多野秀治は三好氏の勢力が衰えると再び独立を果たし、永禄9年には八上城を奪回した。
  • 同年9月下旬、明治新政府の援軍によって反撃に転じ、本荘城を奪回した。
  • 次へ »

城を奪回 の使われ方