城の城主

343 の用例 (0.00 秒)
  • 市場城の城主に任ぜられ、この城から秀吉の鳥取城攻めに参加している。
  • また先祖は近江源氏高島氏の一族で田中城の城主であったともいわれる。
  • 家康の関東入国の後に伊豆国1万石を与えられて韮山城の城主となった。
  • 寺の北側にかつて存在した上末城の城主・落合将監勝正の墓が現存する。
  • しかしこの時前田城の城主前田宗清が夜討ちをかけ十河城を援護した。
  • こうして、右近の父は荒木村重によって高槻城の城主となったのである。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • ビリー城の城主は狩猟が好きで、多くのセントハウンドを所持していた。
  • 嫁いだ後は、明政は海津城の城主であったため海津殿と称されるようになる。
  • アイシスの城の城主・サマルタリアが怪しい鍵を所有しているという。
  • 伊達輝宗・伊達政宗の二代に渡る家臣で、伊具郡金山城の城主を努めた。
  • 祖先は大森新四郎道明といい、辛川城の城主の弟であったと言われている。
  • 十市 遠康は南北朝時代の武将であり、大和国十市郡の十市城の城主であった。
  • ここに、東林寺城の城主が近藤治部であったことが書かれている。
  • この際は長牛城の城主一戸友義の奮戦と早い降雪により安東軍は退却する。
  • 美濃大垣城の城主は伊藤彦兵衛盛正で、三万四千石を領していた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • この城の城主には主にリュベッケの騎士が任命された。
  • 吉田城の松平方在番衆は撤退したので牧野成敏はそのまま吉田城の城主となった。
  • と強硬に主張してきてくれたのは、明智城の城主明智頼高である。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 数カ城の城主をかねているくせに、けむりのような男であった。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • しかし、保成自身がこの新城・牛久保城の城主と成ったかどうかは明確ではない。
  • 次へ »

城の城主 の使われ方