埋没

全て 名詞
1,353 の用例 (0.02 秒)
  • 病院の下手、海岸際を走っている山陽線と国道も、土砂で埋没していた。 柳田邦男『空白の天気図』より引用
  • 頭骨および頸部は発見されておらず、埋没まえに失われていたとみられる。
  • 現存している部分もあるし、埋没している部分や池に利用されているところもある。
  • 失われた過去の中にすっかり埋没してしまっているわけです。 井上靖『崖(下)』より引用
  • ここではただ数のなかへ埋没し去ることだけが、生きのびる道なのである。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • 真の都市は存在していなくて、なかば埋没した一時的建造物の集団があるだけ。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ4) レンズの子ら』より引用
  • また、下顎部に歯全体が隙間なく埋没しているケースも難易度が高いとされる。
  • そう自己の思考に埋没していると、橙子さんが呆れたように声をかけてきた。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • もともと変わりばえのしない毎日に埋没まいぼつしていたのだから。 桜坂洋『All You Need Is Kill』より引用
  • この砂中に埋没してすでに数十万年をへたものであろう。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • 青年は負けたのではなくて、法悦への探究心に自ら埋没したのかも分らない。 五味康祐『刺客(せっかく)』より引用
  • 僕は新型カメラの研究に追われ、会社の仕事に埋没に近い状態だった。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • いつしか人類は巨人の脅威を忘れ、平和な日々の生活に埋没していた。
  • 古い記録は、そのようにして崩壊孔の中に埋没した下水夫を列挙している。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 雪の中に埋没したのに似ている気はしたが、雪も積もれば光をさえぎる。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 現在1基が開口しているが、周辺にはまだ数基ほど埋没していると思われる。
  • この温泉は後の災害によって埋没し、所在不明になっていたという。
  • 現在でも埋没はしていないものの、崩落の影響で非常に大きな穴となっている。
  • そう大きくもない三階建ての建物が、今や車の海の中に埋没しそうな様子だった。 赤川次郎『ひまつぶしの殺人』より引用
  • そのまま書物の中に埋没まいぼつしようとして、ふと気づいて顔を上げる。 桜庭一樹『GOSICK 第1巻』より引用
  • 次へ »