埋没費用

19 の用例 (0.00 秒)
  • また子供も同じような状況に置かれた場合には大人よりも埋没費用にとらわれないようである。
  • 費用が埋没費用であるかどうかは、その費用の回収可能性だけで判断すべきことである。
  • この埋没費用は、上記のどちらの選択肢を選んだとしても回収できない費用である。
  • 埋没費用は、投資対象が無駄であった場合にのみ発生すると認識されがちであるが、誤りである。
  • 映画の内容の良し悪しと、チケット代が埋没費用であるかどうかは無関係である。
  • 投資費用が埋没費用であるかどうかと、投資対象が有用であるかどうかとは、本質的に関係がない。
  • 埋没費用とは、事業に投下した資金のうち、事業の撤退・縮小を行ったとしても回収できない費用をいう。
  • 寡占論では、埋没費用の多寡が参入障壁の高さを決める要因の一つであるとされる。
  • この場合、チケット代1800円とつまらないと感じるまでの10分が埋没費用である。
  • 一方、紛失してしまったチケットの代金は前述の埋没費用に当たるものだから、2度目の選択においてはこれを判断材料に入れないことが合理的である。
  • 初期投資が大きく、他に転用ができない事業ほど埋没費用は大きくなるため、投資も新規企業の参入も慎重になる。
  • 初期投資が大きく、他に転用ができない事業ほど埋没費用は大きくなるので、投資も新規企業の参入も慎重になる。
  • 埋没費用ないしサンク・コストとは、事業に投下した資金のうち、事業の撤退・縮小を行ったとしても回収できない費用をいう。
  • このことにより、寡占論では埋没費用の多寡が参入障壁の高さを決める要因の1つであるとされる。
  • 例えば前述の「例1」では、仮に選んだ映画が素晴らしい内容であったとしても、チケット代1800円は埋没費用のままである。
  • これに対しウィリアム・ボーモルは1982年に、逆に埋没費用がゼロならば、競争の潜在的可能性が高いために、たとえ独占であっても参入可能性が価格を正常に維持するというコンテスタビリティ理論を提示し、1980年代以後のアメリカの航空輸送産業やトラック輸送産業における規制緩和の流れを作り出した。
  • これに対しウィリアム・ボーモルは1982年に、埋没費用がゼロならば、競争の潜在的可能性が高いので、たとえ独占であっても参入可能性が価格を正常に維持するというコンテスタビリティ理論を提示し、1980年代以後のアメリカの航空輸送産業やトラック輸送産業における規制緩和の流れを作り出した。
  • 「埋没費用」の別名であり、超音速旅客機コンコルドの商業的失敗を由来とし、ある対象への金銭的・精神的・時間的投資をしつづけることが損失につながるとわかっているにもかかわらず、それまでの投資を惜しみ、投資をやめられない状態を指す。
  • 埋没費用の存在は、既存企業はもはや支払わなくて良いが、参入企業は支払わなければならないから、参入障壁をもたらす。

埋没費用 の使われ方