埋没林

16 の用例 (0.00 秒)
  • 現在は魚津市の魚津埋没林博物館に保存展示されており、一般にも公開されている。
  • 高さ10mを超える幹が直立状態で残存しており、世界的にも例がない規模の埋没林である。
  • 周辺には、魚津埋没林博物館や海の駅蜃気楼などがある。
  • 埋没林の発見は、1983年のほ場整備で2本の直立した埋没樹が出現したことがきっかけとなった。
  • 三瓶小豆原埋没林は、暦年代で約4000年前の三瓶火山の活動によって形成された。
  • この埋没林では、根を張って直立する埋没樹が約30本、流木はおびただしい数が確認されている。
  • 湧水は地上のみではなく海底にまで続き、魚津埋没林や入善の沢杉や海底林が腐ることなく現在まで保存されたのもこのためである。
  • 平成10年度のその工事の際、旧石器時代から縄文時代の埋没林や縄文時代初期の土器が発掘され、後の調査で遺跡と判明した。
  • この埋没林は、「三瓶小豆原埋没林公園」として公開されている。
  • 隼太たちが働いている雑木林は、十数棟におよぶ開墾小屋のうしろにあるのでそこからは見えないが、隼太の眼には山毛欅の埋没林がある草原越しに、前山の麓にいる水路づくりの人夫の姿が見えている。 藤沢周平『風の果て(上)』より引用
  • 三瓶小豆原埋没林の標高は約200mであるが、現在の中国山地ではこの標高にスギの自然林はみられず、植生学的に注目される。
  • さいわいに水路の方は、埋没林をはずれた前山の麓を掘りすすんでいたので影響がなかったが、開墾組の方は、そこで仕事が一頓挫した。 藤沢周平『風の果て(上)』より引用
  • 常願寺川河口から滑川市をはさんで魚津港にかけての沿岸一帯がホタルイカの群遊海面として指定されているほか、魚津港そばには魚津埋没林があり、それぞれ特別天然記念物に指定されており、魚津市には魚津埋没林博物館という博物館がある。
  • また、北麓の、三瓶町多根小豆原地区には、約4000年前の活動で埋積された巨木群が存在し、「三瓶小豆原埋没林」として国の天然記念物に指定されている。
  • 開墾の総指揮をとる中老の内藤与七郎は、その報告を受けると、太蔵が原に来て数日泊まりこんで一帯を検分したが、やがて埋没林のある場所の開墾をあきらめ、雑木林をはさんで北にひろがる原野に、開墾の目標を切り換える決定をくだした。 藤沢周平『風の果て(上)』より引用
  • 魚津市章は、カタカナの「ウ」を主題とした構想で、「ウ」の三方に突き出すのは市勢の飛躍的発展と、本市が世界に誇る三大奇観の蜃気楼・埋没林・ホタルイカを表わしたものであり、さらに友愛・ 誠実・健康の三大美点を象徴させている。