埋没するよう

7 の用例 (0.00 秒)
  • そのよく肉のついた顔に、埋没するようになって、細い眼が笑っていた。 山田正紀『崑崙遊撃隊』より引用
  • その音は、松林に埋没するようにして立つぼろぼろの小屋のなかから流れ出しているのだ。 田中啓文『私立伝奇学園高等学校民俗学研究会その1 蓬來洞の研究』より引用
  • プロローグ2山麓の深い森に半ば埋没するようにたつ旅館を前に、その人物は独言した。 田中啓文『私立伝奇学園高等学校民俗学研究会その1 蓬來洞の研究』より引用
  • この分だと、もし彼があの晩、菰田幸子に惨殺されていたとしても、彼の机の上には三日間だけ花が飾られ、後は忙しい日常業務に埋没するようにして忘れ去られていたことだろう。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 雲を払拭ふっしょくして茜色に染まっていく空の中で、周囲に埋没まいぼつするように細々と照らされる月の表面は、何処か別の惑星を映し出しているように思えた。 入間人間『電波女と青春男 第04巻』より引用
  • 震度計は、盛り土や崖などでは揺れが増幅される可能性があることから、地形が平坦で周囲に段差が無く地盤が安定した屋外に設置し、台の下3分の2以上が地面に埋没するようにしなければならない。
  • ちょうど、古い宮殿のいしずえがしだいに土砂に埋没するように。 貴志祐介『青の炎』より引用