埋没してゆく

8 の用例 (0.00 秒)
  • 彼の真意も歴史の堆積の下積みとして埋没してゆくのであろうか。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 大地に坐ったまま、みるみる腰から腹へと土が泥に変ったように埋没してゆくわざがあった。 山田風太郎『風来忍法帖』より引用
  • たいてい結婚を機として、彼女らのそうした可能性は、くだらぬ日常の中へ埋没してゆく。 北杜夫『マンボウぼうえんきょう』より引用
  • ヴァルキリイの埋没してゆく理性とは関係なく、その優れた戦士としての肉体は刺激された本能に操られて、侍と向き合っていた。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • 女体の中へ埋没してゆく快感が、はじめて、伊織の意識に来て、腰に蠢動しゆんどうを起させた。 柴田錬三郎『決闘者 宮本武蔵(下)』より引用
  • しかしその一方で、猛安・謀克の軍事集団に組織化されていた女真人が長引く平和に慣れ、さらに漢人と雑居して経済的には没落し、文化的には漢人と同化して中国社会に埋没してゆく傾向が露わになった。
  • 彼の網膜にはただ白い乱舞がねばりつき、彼の肌には熱い粘液がヌルヌルとまといついて、しだいに城太郎はその感覚に埋没してゆくような気がした。 山田風太郎『忍法帖3 伊賀忍法帖』より引用
  • 濡れた、あたたかい世界へ、埋没してゆく。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用