埋没してしまい

20 の用例 (0.00 秒)
  • この私の感慨も、一週間もすればどこかに埋没してしまっていくのだ。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • それはすぐにいつもの俺の中に埋没してしまうに違いなかった。 奈須きのこ『歌月十夜 17 酔夢月』より引用
  • 宮村は間もなく雪の中に小屋全体が埋没してしまうことを予想しているようであった。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 失われた過去の中にすっかり埋没してしまっているわけです。 井上靖『崖(下)』より引用
  • そんな君だから、僕は君の中に埋没してしまったのでしょう。 嶽本野ばら『それいぬ 正しい乙女になるために』より引用
  • 水は進むに従って深く、もときた穴は、すでに水中に埋没してしまっていた。 江戸川乱歩『孤島の鬼』より引用
  • しかしそこへ突然地震が発生、ビルは地下へと埋没してしまう。
  • やがて、その姿は完全に人の波の中へと埋没してしまった。 大崎善生『パイロットフィッシュ』より引用
  • 同じ感性から生まれるものの連続性に埋没してしまうのなら、それまでのことだ。 山際淳司『Give up オフコース・ストーリー』より引用
  • 忍びの者の活躍などというものは、権力者の蔭に埋没してしまうだけのことだ。 池波正太郎『火の国の城 上』より引用
  • 言葉に答えつつ、自分の思考に埋没してしまった凛にため息をつくセイバー。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 八世紀には埋没してしまったところも出て来る。
  • 目の前の仕事に埋没してしまうことは一種の逃避だった。 山口瞳『人殺し(下)』より引用
  • いまやぼくの不信は、彼にひかれる強い興味の中に埋没してしまった。 フィッツジェラルド/野崎孝訳『グレート・ギャツビー』より引用
  • だからといって民衆の市民的、日常的意識の中に埋没してしまうことにはならないと思います。 高野悦子『二十歳の原点』より引用
  • 地球の太陽は微々たる光点で、星々の大群のなかに埋没してしまった。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『07 六つの月の要塞』より引用
  • ようやく人の命ほどの命を保つと、土砂に埋没してしまうんだ。 森敦『意味の変容』より引用
  • それほど深く、膨脹ぼうちょうした胸の奥底に埋没してしまったのである。 モーパッサン/新庄嘉章訳『女の一生』より引用
  • 乾燥期には大きな地下部を含めた全体が収縮するため、植物体全体がしばしば地下に埋没してしまう。
  • マスコミや音楽ファンとの接触を一切絶って、彼女の行方はロンドンの深い霧の中に埋没してしまったかのようだった。 中村紘子『ピアニストという蛮族がいる』より引用