埋没していく

22 の用例 (0.00 秒)
  • 瞬間的に生じたイレギュラーは、大いなる自然のなかに埋没していった。 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • 元気になった彼は、ただのトロい男子としてたちまちクラスに埋没していった。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • またふたたび、書物と思考と退屈でできた金色の闇の中に埋没まいぼつしていく。 桜庭一樹『GOSICKs 第1巻』より引用
  • 厭らしい音をたてて、まだ悦びさえ知らない翡翠の体に埋没していく。 奈須きのこ『月姫 ひなたのゆめ(翡翠・グッドエンド)』より引用
  • こうして女たちは、永遠に変わらない単調な日常に埋没していく。 荒俣宏『別世界通信』より引用
  • 足を踏み出すごとに、底のないぬかるみに埋没していくようだった。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 雪は一向に弱まらず、シラカンバの木々はどんどんと雪に埋没していく。 伊坂幸太郎『死神の精度』より引用
  • そこへ埋没していったのも突然なら、さめるのも突然だった。 アシモフ/川口正吉訳『暗黒星雲のかなたに』より引用
  • 遠坂凛もまた、魔術師という素性を隠して、日常の中に埋没していく。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 人類にとってもっとも新しい大陸も、旧世紀の経済の拡大と人口の増大のなかに埋没していったのである。 富野由悠季『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中)』より引用
  • 重なり、蜜の中に埋没していった時、翔子が鳥のように高い声をだしたのを聞いた。 南里征典『麻布憂愁夫人』より引用
  • あっというまに、意識が闇の中に埋没していく。 上遠野浩平『あなたは虚人と星に舞う』より引用
  • あたしの意識はずぶずふと〝ゲーム・ジェノサイド〟の中へと埋没していった。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ01 ダーティペアの大冒険』より引用
  • 形を変え、渦巻く水流が下水に流れこむときと同じ音をたてて空間へ埋没していく。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第01巻』より引用
  • 毎秒五千回転の速度でドアに埋没していく。 菊地秀行『トレジャー・ハンター10 エイリアン魔神国 上』より引用
  • そして、男も女も疲れ、ついに出会うこともなく、おのおのの生活の中へ埋没していく。 菊地秀行『吸血鬼ハンター06 D-聖魔遍歴』より引用
  • パリ市民向けに上演されることもなく、出版されることもなかったため、モリエールの生前には陽の目を見ることなく埋没していった。
  • ただの〝できごと〟として、日常に埋没していくだけだ。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • そうしなければ、大衆の中に自分が埋没していってしまって、たとえばそのあり方は、どんなあり方でもいいんですね。 斎藤栄『ミステリーを書いてみませんか』より引用
  • 桜の小さな秘裂には入りきれぬであろう肉の先端は、けれど、容易く肉の壁を押し分けて埋没していく。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 次へ »