埋没したもの

9 の用例 (0.00 秒)
  • 胡桃館遺跡や七座山天神貯木場から発見された遺跡はこのとき埋没したものと考えられている。
  • これらは通常、獲物を呑み込んで間も無く何らかのアクシデントで命を落とし、その後すぐに埋没したものと考えられている。
  • 無楯目は、ウツセミガイ科のものを除くと、貝殻はないか小さな板状になり、しばしば薄くて小さく体内に埋没したものになっている。
  • これは、後に発掘された胡桃館遺跡と同様、平安時代にシラス洪水によって水底に埋没したものと言われている。
  • 遺跡は狩猟採集を行っていた痕跡のある小さな集落で、火山の噴火によって埋没したものであり、イシャンゴの骨以外にも刻み目のついた骨や水晶片などが発見されている。
  • この遺跡は915年十和田湖の火山の噴火にともなう洪水によって埋没したものである。
  • マルクーゼはこのように一次元的人間とは、自由や個性、権力に対する批判や自己決定を行う能力を喪失した人間と特徴づけ、彼らは人間の願望や理念、欲求を操作する一次元的な社会の中で埋没したものであると見なす。
  • 一帯は河原院の庭の中の島「籬の島」が鴨川の氾濫によって埋没したものと伝えられた「籬の森」の跡で、石碑の隣にある老木の榎は森にあった木の最後の1本だというが、石碑の位置は河原院の推定地より少しだけ外にはみ出ている。
  • 腹足類は巻貝の仲間であるが、異鰓類にはウミウシ、アメフラシ、クリオネ、ナメクジなど貝殻を失ったものや、失わないまでも極度に退化し小片状になったり体内に埋没したものが多くいる。