埋没させる

23 の用例 (0.00 秒)
  • 死に物狂いで働いて、その日常の中に葉子への思いを埋没させていこう。 大崎善生『アジアンタムブルー』より引用
  • 挿し木の少なくとも三分の一が土の中に埋没させなければならない。
  • 音が粒子を次々と吸いこんで、水色の領域に俺たちを埋没まいぼつさせていく。 入間人間『電波女と青春男 第06巻』より引用
  • あとはもう、彼女の中に自分自身を埋没させるだけだった。 奈須きのこ『月姫 黎明の月(アルクェイド・グッドエンド)』より引用
  • 一八三三年に始められた大工事以前には、パリーの地下の道はよく突然人を埋没させるようになっていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 自分の個性をその他大勢のなかに埋没させて誤魔化そうとした。 山崎マキコ『ためらいもイエス』より引用
  • また、埋没させる物に直接触れない状況下での生き埋めもある。
  • これらのエッセイを発表紙誌とともに過去に埋没させることなく、本にできたことを喜びたい。 池波正太郎『おおげさがきらい (池波正太郎未刊行エッセイ集1)』より引用
  • また、駆除のために種子を地中に埋没させる方法が研究されている。
  • 知識人の再生というものは、今日あるがままの民衆の習俗常識の中へ己を埋没させてゆくことでだけ達成されるものだろうか。 宮本百合子『昭和の十四年間』より引用
  • 今は完全に埋没させてから、激しく腰を振っている。 大藪春彦『非情の女豹』より引用
  • 渋谷という環境に埋没させつつ、自己を語るのが目的である。 大岡昇平『幼年』より引用
  • これが原因で購入後に商品を触って評価した適切な購入者レビューを埋没させており問題視された。
  • 性はサンガーにとってはある種の弱さであり、それを埋没させてしまうことが強さの現れであった。
  • しかし、北賀市太郎という名は、とうてい彼を東京の巷に埋没させなかった。 山田風太郎『明治十手架(下) 山田風太郎明治小説全集14』より引用
  • 一八三三年にはじめられた大工事以前には、パリの下水道に、たまたま人を埋没まいぼつさせるような場所があった。 ユゴー/斎藤正直訳『レ・ミゼラブル(下)』より引用
  • 芸術の中に日常性を埋没させている。 井本農一『芭蕉=その人生と芸術』より引用
  • それは少女を包み、服を埋没させ、髪を溶かし、白い肌をより際立たせている。 雨木シュウスケ『聖戦のレギオスⅠ 眠りなき墓標群』より引用
  • 指をさらに伸ばし、幻の女の姿のなかにそれを埋没させ、虚像であることを示してみせた。 星新一『ごたごた気流』より引用
  • 戦争やそれを指導する責任者に対しての批判精神もとぼしく、男と女の感傷的な関係のレベルに社会性を埋没させてしまっている。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 03 千億の星、千億の光』より引用
  • 次へ »