埋没

全て 名詞
1,353 の用例 (0.01 秒)
  • もし個人が集団の中にすっかり埋没していれば、その個人に自分はない。 沖藤典子『女が会社へ行きたくない朝』より引用
  • そのよく肉のついた顔に、埋没するようになって、細い眼が笑っていた。 山田正紀『崑崙遊撃隊』より引用
  • 単に驚くべき技巧の発達のみが示されて、美は埋没されてしまいました。 柳宗悦『民芸とは何か』より引用
  • 彼女の中に埋没することによって不安をまぎらそうとしているようである。 森村誠一『悪魔の圏内(テリトリー)』より引用
  • これを思うに鼠の陥穽は、ひと思いに埋没したものではなかったらしい。 横溝正史『金田一耕助ファイル08 迷路荘の惨劇 v0.9』より引用
  • 指は完全にお尻の間に埋没して、彼女のもう一つの穴の表面にふれた。 奈須きのこ『月姫 太陽(シエル・グッドエンド)』より引用
  • それは、遠い昔の埋没された記憶を呼び起されたのに似た感じだった。 石坂洋次郎『陽のあたる坂道』より引用
  • 他の化石は埋没時か道路の建設時に散逸されてしまったものと推測される。
  • この私の感慨も、一週間もすればどこかに埋没してしまっていくのだ。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 死に物狂いで働いて、その日常の中に葉子への思いを埋没させていこう。 大崎善生『アジアンタムブルー』より引用
  • 現在では両党の間で埋没の危機があるものの、一定程度の影響力を有している。
  • 瞬間的に生じたイレギュラーは、大いなる自然のなかに埋没していった。 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • それはすぐにいつもの俺の中に埋没してしまうに違いなかった。 奈須きのこ『歌月十夜 17 酔夢月』より引用
  • 彼にできることは精々せいぜい登校を拒否して詩集の中に埋没するくらいである。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 宮村は間もなく雪の中に小屋全体が埋没してしまうことを予想しているようであった。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 地震のために埋没し、二十世紀初頭アメリカ探険隊によつて発掘された。 リラダン『殘酷物語』より引用
  • 社会的に生きる限り、個人の意識は公共的なる存在である言葉の中に埋没する。 三木清『マルクス主義と唯物論』より引用
  • 挿し木の少なくとも三分の一が土の中に埋没させなければならない。
  • すべてを失って、いまさら普通の人間に戻って日常に埋没できるのか。 高殿円『銃姫 02 The Lead in My Heart』より引用
  • その背中が人通りの中へ埋没したとき、ようやく僕も後を追う気になった。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • 次へ »