埋め立て

全て 動詞 名詞
2,349 の用例 (0.02 秒)
  • 埋め立ては1939年に開始、第二次世界大戦により一時中止されている。
  • 市民の中では当初、内堀を埋め立て平地にし再開発を唱えるものもいた。
  • 埋め立てが完了したばかりの新港や中央港を走った最初の路線である。
  • まず公開資料を広く集めて、本人と犯人像とのギャップを埋め立てていく。 森村誠一『棟居刑事の憤怒』より引用
  • また干潟内においても観察小屋周辺にあった蟹の生息地が埋め立てられた。
  • 牟岐線沿いはしばらく残っていたが、1959年ごろに埋め立てられた。
  • 平成16年には有川港の整備事業によって埋め立てられ陸続きになった。
  • 途中に同じく河川を埋め立てて作った仙台堀川公園と合流している。
  • 所有敷地面積は日本最大、人工島の埋め立て工事は現在も続いている。
  • 後に「長池」と呼ばれるようになり、近年埋め立てられて消滅している。
  • 利用客の急増に伴い、海を埋め立てた人口島に新空港を建設する計画がある。
  • 埋め立てにより、1980年までに順次拡大しながらできた地域である。
  • どんなに広い海でも、その一部を埋め立てて形を変えることができる。 帚木蓬生『受精』より引用
  • さらに戦後の埋め立てや住居表示の実施に伴って新しい町が起立して現在に至る。
  • いくつかの工場の脇を過ぎ、真暗な埋め立て地を通ってずいぶん長く走った。 近藤紘一『妻と娘の国へ行った特派員』より引用
  • 明治2年以降に埋め立てが行われ、現在は長崎の中華街となっている。
  • 東側は鍋田干拓地と名古屋港の埋め立て地に接し、陸続きになっている。
  • 沼として残っていた部分は1944年に食糧増産のため埋め立てられた。
  • すなわち旧洪水吐きを埋め立ててその上に桟道を建設し工事用道路とした。
  • ただしこれは埋め立てや暗渠化の結果であり、かつてはさらに上流があった。
  • 次へ »

埋め立て で始まる単語