埋め立てる

全て 動詞
66 の用例 (0.01 秒)
  • その代わり、城への砲撃を続けながら城の堀を埋め立てる作戦に出た。
  • このあたりを埋め立てるとき、碁盤の目のように埋め残された海面だった。 光瀬龍『寛永無明剣』より引用
  • 中世の円形の塔を低め、これの内部を土で埋め立てることで構造を強化した。
  • さらに生分解性であり、使用後にそのまま埋め立てることもできる。
  • 上の俯瞰写真では中海を埋め立てる形で滑走路が延長されている。
  • また条約の精神に照らし合わせて水銀を不溶化して最終処分場に埋め立てるという流れにはならない可能性が非常に高いので産業廃棄物の担当者は注意が必要である。
  • もともとイタリア系住民が住んでいた島の部分とスラヴ系住民の住む対岸の集落の間にある海峡を埋め立てることによって、両者の一体化はさらに進んだ。
  • そのため建造物をそのままにした状態で土砂等で埋め立てるか、建造物を定期的に点検・補修しながら放置することが行われる。
  • 山を削りだして海を埋め立てるように、逆位相の波をぶつけてあげれば消えてしまいます。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • さらに、廃駅にする場合、地下空間を空洞にしたまま放置することは危険であるが、建造物を破壊してから埋め立てることは困難を極めることも問題になっている。
  • そして埋め立てる前に、明らかに通常の地質調査とは異なる秘密の調査を行なっていたとされていて、当時、ここの封鎖に関わっていた自衛隊員たちがそれを何人も証言している。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 06 罪滅ぼし編Tips』より引用
  • 男にふられて生じた自由をべつの男で埋め立てる。 森村誠一『棟居刑事の断罪』より引用
  • そのため夏季にはやぶ蚊が大量発生するなど環境悪化の原因になるため、明治末以来この大堀を埋め立てる計画がいくつか立てられた。
  • そのため、環境に与える影響が少ないと考えられる沖合を埋め立てる場合もあるが、この場合には埋立水深が深くなるために開発費用が膨大になる等の問題がある。
  • 最も大規模な工事は1929年に始められたもので、ロワール川の北の分流およびエルドル川との合流地点を埋め立てるものである。
  • こうした中、1892年7月に桧尻川の両側を埋め立てることを船江町会で決議した。
  • あるいは二人の少年の失踪は、あすの朝までに評判となって、あの古井戸も埋め立てる前に捜索されるかも知れない。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • 地籍調査が進んでいない地域の場合、土地の境界がはっきりしないため、周辺の地権者が埋め立てるなど転用している事例が多い。
  • とりあえず二人の間の気まずさを埋め立てるものを見出して、寛子がホッとしたような声を出した。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 砂を引き入れて埋め立てるクレーンが何本も林立している。 姉小路祐『動く不動産』より引用
  • 次へ »

埋め立てる の使われ方