埋め立てごみ

8 の用例 (0.00 秒)
  • 月一回の資源ごみの日と埋め立てごみの日には、普段の路地にあるごみ集積場では無く、公園の一角や幅の広い歩道の一部が充てられている町ごとに各々の地域にある専用の集積場に集められるが、町内会による市民ボランティアが分別の手伝いや自動車などで持ってきた者の手伝い、また分別区分の案内を行っている。
  • その際、浜松市はこの埋め立てごみの存在によって周辺地域や海洋の汚染に繋がるものではないと判断し、ごみはそのまま中田島砂丘に鎮座することとなった。
  • こういった事情から分別が難しく、一律に破砕してカレットにすることが出来ないため、リサイクルのための分別収集を行う自治体によっては、化粧品の瓶のみリサイクルを前提としない「埋め立てごみ」として回収しているなど扱いの違いが見られる。
  • また分別収集においては、埋め立てごみと資源ごみにおいて、集積場の分別指導に住民自治会の総代をボランティアとして動員するなどして、住民自身の管理に任せた事もあり、住民の分別する意識を高めた事も、成功の要因として挙げられる。
  • 沼津方式とは、ごみを燃えるごみ・埋め立てごみ・資源ごみの三種類に分別収集する方法のこと。
  • また「資源ごみ」や以下に詳しく述べる「埋め立てごみ」などは、月に一回程度の回収日が定められており、これらは地域の回覧でごみの出せる日を記したカレンダーが配付されている。
  • 今日ではリサイクル資源の種類や、ごみの処分方法の多様化に併せて、資源ごみと埋め立てごみ、更には燃えないごみに関しても、細かい分類基準を設けて、ごみの分別を進めると共に、ごみを出す際の意識を高め、ごみの減量に貢献している。
  • 廃プラスチック製品は燃えるごみとして高温で焼却、燃えないごみとして回収された金属はプラント内で分別し回収することで埋め立てごみの大幅な減容を、蛍光管、水銀入り体温計、乾電池をそれぞれ分別して回収することで環境汚染の防止と希少金属の回収を行っている。