垣間見る

全て 動詞
449 の用例 (0.00 秒)
  • しかし人が事故的に現実を垣間見たり、現実に触れたりすることがある。
  • 人を殺したらしい自分の目の前に、理解しがたい仏像が姿を垣間かいま見せた。 柄刀一『400年の遺言 死の庭園の死』より引用
  • そのころから、山本は大西の見てはならない姿を垣間見るようになった。 草柳大蔵『特攻の思想 大西瀧治郎伝』より引用
  • 実は新聞記者達も随伴して初めて城中を垣間かいま見る事を許されたのである。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • そんなメロディーを聞くと一九六七年の頃の自分を瞬間的に垣間見る。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • ぼくはまたも、りすかの新しい一面を垣間見かいまみせられたような気がした。 西尾維新『新本格魔法少女りすか 02』より引用
  • 身分制度は廃止され人々は真の理想国家を垣間見かいまみることができた。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • ここへ護送される途中に垣間見た祭りの町を、走り抜けることであった。
  • 一方、室では楸瑛が思わぬ黄尚書の男ぶりを垣間かいま見て心底感心していた。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 1 朱にまじわれば紅』より引用
  • その正体を探ることが劉健一の秘密を垣間見る一番の近道になるはずだ。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 異様な光景を垣間見て我にもあらず興奮が体の内で騒ぎ続けているのを感じていた。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • あたしは、この男の荒廃しきった精神をわずかながら垣間見た思いがした。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ01 ダーティペアの大冒険』より引用
  • この作品は次のソロ・アルバムの方向性を垣間見ることが出来る。
  • 加代子さんが誰かを叱っている姿なんて垣間見かいまみた事すらないにしても。 若合春侑『無花果日誌』より引用
  • 瀬島はまだ自分が知らないこの国の闇の部分を垣間かいま見る思いがした。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • また、この作品で、レイトンの意外な一面なども垣間見ることができる。
  • これは予知だったが実は自分の未来ではなく自分の息子の未来を垣間見かいまみたのだ。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 車椅子の魔人はかすかに笑みを浮かべたらしく、白い歯が垣間かいま見えた。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • 僕はその炎を見て、彼女の苦悩の片鱗へんりんをはじめて垣間見かいまみたような気がした。 大崎善生『アジアンタムブルー』より引用
  • 他人の人生の信条を垣間見ることはいけないことなのかも知れない。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅡ』より引用
  • 次へ »