型埴輪

30 の用例 (0.00 秒)
  • 隣接する今城塚古代歴史館では、日本最大級の家型埴輪等が復元展示されている。
  • この古墳の出土品の中で特に有名なのが、後円部上から出土した8棟の家型埴輪である。
  • 墳丘には円筒埴輪列が三段めぐり、家型埴輪や人物埴輪も置かれていたものと考えられている。
  • 第一号墳と同じく土器の他に壺型埴輪と円筒埴輪が出土している。
  • 墳丘からは黒斑のある円筒埴輪のほか家型埴輪、船形埴輪が出土している。
  • 各段に列石が配され、これに沿って壺型埴輪が2メートル間隔で廻らされていた。
  • またクビレ部の墳丘外側にも長方形も円筒列があって、そこに多数の家型埴輪が置かれていた。
  • 古墳時代の女性型埴輪にこの髪形の例が見える。
  • 特に家型埴輪は屋根の部分しか残っていなかったが、復元すれば推定180cmに達する特大品である。
  • さらに、靭形埴輪の鰭過度に飾り立てるようになったり、家型埴輪の屋根部分が不釣り合いに大型化したりするようになる。
  • また、発掘調査によって外堤から円筒・盾型埴輪などが出土した。
  • 検出された多くの埴輪が下総型埴輪という6世紀後半期、下総を中心に使用されていたことが確認される特徴的な埴輪であり、龍角寺古墳群の多くの古墳がこの時期に造営されたと考えられている。
  • 墳丘一段目のテラスからは石見型埴輪と人物埴輪、外堤からは人物埴輪が出土している。
  • 古墳は現在、古墳公園として整備され、葺石や埴輪列、墳頂の家型埴輪などが再現されている。
  • 石見型埴輪は儀杖や玉杖を模したものと考えられ、同じ形をした木製品が朝鮮半島の月桂洞1号墳から出土している。
  • 後円部頂上には二重の方形埴輪列があり、ここに楯、靭、草摺などの形象埴輪を外向きに並べ、その外側には倉庫や母屋などの家型埴輪四軒が一列に置かれている。
  • 円筒埴輪以外に家型埴輪も出土している。
  • 出土品は江戸時代の発掘で散逸しているが、県内最古級の特殊台系譜の初期円筒埴輪片や壺型埴輪、異形埴輪片などの埴輪類が確認されている。
  • その後、墳頂中央で家型埴輪の周りに盾形・蓋形などの器財埴輪で取り巻き、さらに円筒埴輪で取り巻くという豪華な配置の定式化が4世紀後半の早い段階で成立する。
  • 戦前の発掘調査で、墳丘からは家形埴輪、円筒埴輪、蓋型埴輪などの埴輪類が、後円部墳頂からは土師器高杯が出土している。
  • 次へ »