垂れ込める

18 の用例 (0.00 秒)
  • 破滅した町は、雲が垂れ込める山のふもとで、全く沈黙したままだった。 カヴァン『氷』より引用
  • バックライトが同時に切れて、垂れ込める暗闇くらやみに二人の姿は飲み込まれる。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ3! 俺の弁当を見てくれ』より引用
  • その夜は、秋にしては少し生暖かな風が、重苦しく垂れ込める流気となって、大地をおおっていた。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 異常な重力が演算された結果か、厚く垂れ込める雲までもがゆっくりと回転し、地上に向けて漏斗ろうと状に引き寄せられつつあった。 川原礫『アクセル・ワールド 04 -蒼空への飛翔-』より引用
  • 数秒後、雪雲の垂れ込める空に向かって、一条の雷光が屹立きつりつした。 川原礫『アクセル・ワールド 06 -浄火の神子-』より引用
  • 雲が低く垂れ込める空をウインドウ越しに見上げながら、お願いですから知り合いに会いませんようにと和雄は祈った。 奥田英朗『イン・ザ・プール』より引用
  • かくし切れない湿り気が、だまり込む二人の部屋にれ込める。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 03巻 仮面舞踏会』より引用
  • 帰りのホームルームが終わってから呼び出された教員室に、気まずい沈黙ちんもくが垂れ込める。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第06巻』より引用
  • 上昇を続ける巨石はれ込める雲にぼつし、上半分がかすんだ。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える4』より引用
  • 理論では全面核戦争が引き起こされた場合、世界各地で熱核爆発により大規模火災が発生、この火災により数百万トン規模のエアロゾルが大気中に放出され、これが太陽光線を遮る事により数ヶ月に渡って暗雲が地球規模で垂れ込める。
  • 二人は同時にだまりこくり、高須家たかすけ沈黙ちんもくだけが重く垂れ込める。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第06巻』より引用
  • 視線を四十五度右に回したハルユキが見たのは、魔都まとステージに厚く垂れ込める青黒い雲を切り裂いて揺れる、七色の薄絹うすぎぬだった。 川原礫『アクセル・ワールド 09 -七千年の祈り-』より引用
  • 夜空に低く垂れ込める雲を、いくつものライトやレーザーイルミネーションが地上から照らし出す。 川原礫『アクセル・ワールド 04 -蒼空への飛翔-』より引用
  • 低く黒々と垂れ込める雲に、ポッと穴を穿うがち、ボッとうずを巻き、ドッと降ってきた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第14巻』より引用
  • 垂れ込める雲間くもまを切り裂いて、あちらこちらで雷光らいこうひらめき、雷鳴らいめいで空気が震えている。 流星香『プラパ・ゼータ 1 聖女の招喚』より引用
  • める雲から竜巻の尾が長く伸びる。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える4』より引用
  • 高架下に重い沈黙が垂れ込める。 暁works『るいは智を呼ぶ① 皆元るい』より引用
  • 厚く垂れ込める霧は、ボスコーエン艦隊の視界を閉ざすと同時に、フランス艦隊を四散させたが、6月8日、ボスコーエンの艦隊は、ニューファンドランド島西端のレイ岬沖合を航行するフランスアルシド、《リス》、《ドファン・ロワイヤル》を視界に捕らえた。