坡州市

23 の用例 (0.00 秒)
  • 金陵駅は大韓民国京畿道坡州市金村洞にある、韓国鉄道公社の駅である。
  • 金村駅は大韓民国京畿道坡州市金村2洞にある韓国鉄道公社の駅である。
  • 月籠駅は大韓民国京畿道坡州市にある、韓国鉄道公社の駅である。
  • 現在も坡州市のヨンジュコルなどに存在している。
  • 龍仁市の韓国民俗村では民俗文化を、坡州市の板門店では韓国の分断の悲しみが実感できる。
  • 北には坡州市と隣接する。
  • 坡州駅は大韓民国京畿道坡州市にある、韓国鉄道公社の駅である。
  • 大韓民国ソウル特別市中区にあるソウル駅から京義線を経由し京畿道坡州市にある山駅とを結ぶ運行形態と、孔徳駅より龍山線を経由し加佐駅とを結ぶ運行形態から構成される。
  • 一部のトンネルは観光客向けに解放されており、鉄原郡の第2トンネルや、坡州市の第3トンネルなどは、トンネル内部の照明やトロッコが整備され、観光客が内部を観覧できるようになっている。
  • 特に北朝鮮との休戦ラインに近い東豆川市や坡州市の汶山、南東部の山岳地帯にある楊平郡などは寒さが厳しい。
  • 坡州市の臨津閣から板門店までの区間は統一路と指定され、アジアハイウェイ1号線 の一部となっている。
  • 京幾坡州市に居住していた舍在成によると、本貫は光山金氏だったが、彼の 10代前の金克胤が舍氏に改姓したという。
  • 北朝鮮では開城の人蔘酒が主要な輸出品となっており、韓国でも京畿道坡州市の烏頭山統一展望台などで購入できる。
  • 西に開城市・金川郡、北に兎山郡、北東に江原道鉄原郡、南東に京畿道坡州市・漣川郡と接する。
  • 更に、ソウル市龍山区龍山駅から九里市・南楊州市を経て楊平郡の龍門駅へ至る中央線や、ソウル市中区ソウル駅から高陽市を経て坡州市の山駅へ至る京義線や、ソウル市中浪区上鳳駅から九里市・南楊州市・加平郡を経て江原道春川市の春川駅へ至る京春線もある。
  • 臨津閣は大韓民国京畿道坡州市にある、朝鮮民主主義人民共和国との間の軍事境界線付近を見渡すことのできる展望台である。
  • 許浚の墓地は、京畿道坡州市津東面下浦里の臨津江を越えた非武装中立地帯にある。
  • そのため、長い間坡州市の臨津閣が国道1号線の終点となっていたが、2000年に工事が完了し、北朝鮮の開城市まで延伸された。
  • 西に開城市・開豊郡と隣接、休戦ラインを越えれば東に大韓民国京畿道坡州市、南は漢江を隔てて金浦市であった。
  • 坡州市の中心駅で、駅南側に市街地が広がる。
  • 次へ »

坡州市 の使われ方