坐三昧

9 の例文 (0.00 秒)
  • 坐りっぱなしの常坐三昧より、歩き回ったほうが自分には向いている。 ...
  • 法華堂で行われる行は常坐三昧といわれ、ひたすら坐禅を続け、その姿勢のまま仮眠をとる。 ...
  • 法華三昧は、天台宗における四種三昧の1つである半行半坐三昧のうち、法華経に基づいて行われるもので37日間行われる行である。 ...
  • これは常坐三昧にもまして凄まじい行である。 ...
  • 酒井は、常坐三昧ではなく、常行三昧のほうを選んだ。 ...
  • たとえば、常坐三昧は、静寂な堂内に一人で籠り、九十日間を一期として、ひたすら座禅に専念する。 ...
  • 三年籠山中に果たさなければならない修行として、祖廟浄土院での侍真奉仕、百日回峰、そして「四種三昧」のうちから「常坐三昧じようざざんまい」か「常行じようぎよう三昧」のどちらか一つ、この三つが定められている。 ...
  • 四種三昧とは、比叡山で最も歴史が古く、基本的な修行で、「常坐三昧」「常行三昧」「半行半坐三昧」「非行非坐三昧」の四種をさす。 ...