坊主

全て 名詞
6,178 の用例 (0.01 秒)
  • そういう意味でも、坊主頭の言ったことはかなりの部分まで真実だろう。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • お囲い女房なんか一人もいないで、坊主ばかりが二百匹ほどもいるのさ。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • 托鉢たくはつの坊主がかどに立ってかねを叩いたので、お君は出て行って一文やった。 岡本綺堂『両国の秋』より引用
  • それはこれまでにも坊主頭の指導のもとに幾度か行われてきた作業だった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 坊主はまるで青鬼のように、半分死にかかった人間の前でたけり立った。 里村欣三『放浪の宿』より引用
  • 父は私が遊び仲間から黒坊主と呼ばれてゐることを知つてゐたのだ。 嘉村礒多『途上』より引用
  • 坊主頭は東京に残してきた部下の実務能力をそれほど評価していなかった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • おそらく寺の留守坊主に逢いに来る女ではあるまいかと半七は鑑定した。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 漁師が突っかかるようにすると、坊主はまた黙って家の方へ指をさした。 田中貢太郎『海坊主』より引用
  • それは人間を白骨に還元する坊主の言ひぐさと同じやうなものですから。 坂口安吾『かげろふ談義』より引用
  • この大学校の先生は言ふまでもなくみんな坊主で同時に学者の筈なのである。 坂口安吾『風人録』より引用
  • 二人ともたぶん二十代半ばから後半、坊主頭の方が少し年上に見えた。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • などみえている坊主は、いずれも文字の如くその坊の主であらねばならぬ。 喜田貞吉『俗法師考』より引用
  • 坊主の辺から肩までは、ひどく急な雪の壁で三方をめぐらされている。 板倉勝宣『春の槍から帰って』より引用
  • 古い冬の中折れを眉深まぶかに着ているが、頭はきれいにった坊主らしい。 寺田寅彦『花物語』より引用
  • 坊主は女に向って十字架をふりかざし、恐ろしい目つきをして命令した。 宮本百合子『ロシア革命は婦人を解放した』より引用
  • それは百年前にこの禅坊主がなにものであったかということである。 石川淳『焼跡のイエス・処女懐胎 他』より引用
  • 第一、この頃の坊主ぼうず達のやることなんて何が当てになるもんですか? 加藤道夫『なよたけ』より引用
  • 「確証はありませんが、その可能性は高いでしょう」と坊主頭は言った。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 耳のとがった馬のような坊主の首も、ひどく神妙な首の坊主もあります。 坂口安吾『桜の森の満開の下』より引用
  • 次へ »

坊主 で始まる単語