坂田

全て 名詞
1,743 の用例 (0.02 秒)
  • それに比べて坂田の自信の方はどこか彼の将棋のようにぼんやりした含みがある。 織田作之助『勝負師』より引用
  • しかしなんでかくも早く、坂田教授に今回の話が伝わったのだろう。 畠中恵『とっても不幸な幸運』より引用
  • この手は将棋の定跡というオルソドックスに対する坂田の挑戦であった。 織田作之助『可能性の文学』より引用
  • 背後で声がしたのでふり返るとそこには営業部の坂田さんと山下さんが立っていた。 群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』より引用
  • 学海は、二四日、坂田莠をたずねて、今回の改革について意見を述べた。 白石良夫『最後の江戸留守居役』より引用
  • 隣りの坂田の部屋のドアが開いて、若い女が飛び出して来たのだ。 赤川次郎『昼下がりの恋人達』より引用
  • が坂田は眼をそらして、何か他のことを考えこんでる様子だった。 豊島与志雄『坂田の場合』より引用
  • 坂田のような男に随いて苦労するようなところも、いまにして思えば、あった。 織田作之助『雪の夜』より引用
  • そして坂田の座っているあの椅子は、もちろん、自分のものになる。 柴田よしき『Close to You』より引用
  • 銀魂の映画宣伝で坂田銀時がスキットを担当した回もあった。
  • 眞子は全力を尽くして見事優勝を果たし、一方の坂田は5位に終わった。
  • が、それ以上に、坂田は随いて来たことを、はじめから後悔していたのだ。 織田作之助『雪の夜』より引用
  • 名前の由来は旧東浅井郡と旧坂田郡を結んでいたことによる。
  • 発足時点で所属選手は坂田を含め3名と、非常に小規模な形でスタートする。
  • まるで、自分が宰領しているような調子ではないかと、思わず坂田の顔を見た。 織田作之助『雪の夜』より引用
  • 何だそれは、と橋上が言ったところにドアが開いて坂田が姿を現した。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 坂田は一瞬何か言いたげにしたが、結局ふうん、とつぶやいただけだった。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 北部の字花面・坂田には住宅街が形成されている。
  • これは、墓苑創建時の厚生大臣である坂田道太の筆によるものである。
  • また、坂田亘も離脱と一部報道にあったが、坂田本人は離脱を否定した。
  • 次へ »

坂田 で始まる単語