坂田

全て 名詞
1,743 の用例 (0.02 秒)
  • わずかに「銀が泣いてる坂田は生きてる」ということになるのだろう。 織田作之助『可能性の文学』より引用
  • 永代橋を東へ渡り富吉町を経て又福島橋を渡り、南に折れて坂田橋に至る。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • ほとんどの男がそうであるように、坂田も和美の唇と舌を望んだ。 林真理子『短篇集 少々官能的に』より引用
  • 広姫の御陵は近江国坂田郡にある息長陵とされ、宮内庁の管理下にある。
  • ミサ子の顔を追いぬくように自分の化粧した顔を坂田の方へ出して訊いた。 宮本百合子『舗道』より引用
  • 坂田は高里の様子を気にしたふうもなく、再び一方的に喋り始めた。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • また北側には中世の舌状台地築城のお手本とされる坂田城が隣接している。
  • 坂田のチームはこの処分に抗議したため、裁定は保留されることになった。
  • そう私に向かっていったのは隣りの席にいる坂田さんという一年先輩の男性だった。 群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』より引用
  • さうしてみれば、坂田は九四歩を突いた途端に、もう負けてゐたのである。 織田作之助『聴雨』より引用
  • この場合にも結果は坂田の考えているようになるだろうか。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 坂田のようなタイプの人間の思考回路が、広瀬には全く理解できなかった。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 素粒子が原子核と似たような構造をもつと考えた坂田は冒険をしたことになる。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 言いさして、坂田は当の本人が部屋の中にいるのを見て驚いたように口を開けた。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • この型は三代目實川延若を経て今日では四代目坂田藤十郎に伝わっている。
  • 坂田がまた何かたくらんでいるような気がして仕方がないのだ。 青島幸男『極楽トンボ』より引用
  • 実際,坂田チームの攻撃はこの点に集中しているように見えた。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 坂田の名文句として伝わる言葉に「銀が泣いている」というのがある。 織田作之助『可能性の文学』より引用
  • つまりは私が坂田を書いたのは、私を書いたことになるのだ。 織田作之助『勝負師』より引用
  • ずいぶんと長い時間がっても、坂田は一向に口を閉じる様子がなかった。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 次へ »

坂田 で始まる単語