坂田金時

26 の用例 (0.00 秒)
  • 神を育てるものとの信仰が残つて、坂田金時の母だとされてゐます。 折口信夫『翁の発生』より引用
  • 金太郎として知られる坂田金時や美女丸、幸寿丸、藤原仲光の墓がある。
  • 開湯は飛鳥時代とも奈良時代とも言われ、当地で坂田金時が生まれたとの伝説も残る。
  • 金平という名前は金太郎としても知られる坂田金時の息子・金平から名付けられたという。
  • というのは、一つには彼女が坂田金時さかたのきんときを女にしたような、あまりにもたくましすぎる鼻とあごと首と腕の持主だったからであり、第二には、これがもっと重要な点であるが、彼女が彼に好感以上のものをいだきはじめている気配があったからである。 安部公房『飢餓同盟』より引用
  • それにはこの森を深夜にひとりで踏み越えた豪胆者として坂田金時や新羅しんら三郎の名前が数えられて、今なおその記録を破る冒険者は出現しないと流言されている。 牧野信一『ゼーロン』より引用
  • これが、そのまま錦絵になる状態であったから、坂田金時のような伝説物以外では、歴史画が描かれることは少なかった。
  • この「金太郎」「坂田金時」なる人物の存在は、疑わしいともされている。
  • 名前のモデルは金太郎こと坂田金時だが、「金時」と呼ぶと激怒する。
  • 金太郎こと坂田金時が、母親である山姥に連れられてこの地に来て眼の傷を癒したと伝えられ、温泉名はこの伝承に由来する。
  • 名前も坂田金時と改名し、京にのぼって頼光四天王の一人となる。
  • 初代市川團十郎が、坂田金時 の息子である英雄坂田金平役の初舞台で紅と墨を用いて化粧したことが始まりと言われる。
  • 滋賀県長浜市と米原市は、昔は坂田郡であり、坂田金時は坂田郡の人であると伝えている。
  • 江戸時代になると、坂田金時の故郷が足柄山であるとした「金太郎伝説」ができ、この頃から金時山と呼ばれるようになった。
  • 父親ちちおや坂田さかたというのなら、いまから坂田金時さかたのきんとき名乗なのるがいい。 楠山正雄『金太郎』より引用
  • またそうでなくとも、西行の時代はすでに鬼殺しの武者と勇名をせた源頼光みなもとのよりみつなく、その臣下で四天王と呼ばれ羅城門の鬼や酒顛童子しゆてんどうじなどあらゆる鬼どもを征伐し続けた坂田金時等もまた過去の人となった時期に当たります。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • 討手の坂田金時ら四天王は法師だと思って斬ろうとしたが、驚いた清少納言は前をまくって女である証明を見せて命びろいをしたとある。 西沢爽『雑学艶学』より引用
  • 姥子の名は、金太郎こと坂田金時にまつわる伝説に由来する。
  • またこの地に縁故の深い坂田金時や二宮金次郎の像ならば、神社や学校で恭々うやうやしく買上げる手筈になっているではないか! 牧野信一『ゼーロン』より引用
  • そこで金太郎きんたろう坂田金時さかたのきんとき名乗なのって、頼光らいこう家来けらいになりました。 楠山正雄『金太郎』より引用
  • 次へ »