坂田郡

103 の用例 (0.00 秒)
  • 広姫の御陵は近江国坂田郡にある息長陵とされ、宮内庁の管理下にある。
  • 名前の由来は旧東浅井郡と旧坂田郡を結んでいたことによる。
  • また、旧・坂田郡の鳥居本宿を北の起点として始まる朝鮮人街道も郡内を通っていた。
  • 文化7年近江坂田郡勝村に生まれ、字は子接、通称は源吾と称した。
  • 三成は永禄えいろく三年江州ごうしゆう坂田ごおりの石田村に生まれ、小字しようじを佐吉といった。 菊池寛『日本武将譚』より引用
  • ついでに町の教育委員会に寄ってそこにあった『坂田郡史』をみせてもらったところ、こういうことが書かれていた。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 03』より引用
  • 後に近江国坂田郡加田村に移住して地侍となった。
  • 天平宝字3年頃か :坂田郡側の霊山山麓にて霊仙が生を受けたと伝えられる。
  • 佐々木高綱の子孫で近江国坂田郡大野木城に住して大野木氏を称したとする。
  • 旧蒲生郡と旧坂田郡ではウに続くエがウェとなることがある。
  • 新当主である三法師は近江国坂田郡と安土城を相続し、秀吉には山城国が与えられた。
  • 中世中期から近世初期にかけて、近江国坂田郡の佐和山に存在した日本の城である。
  • 坂田郡山東町の成菩提院円乗寺じようぼだいいんえんじようじや多賀大社、百済寺ひやくさいじ、永源寺などがある。 池宮彰一郎『本能寺(上)』より引用
  • そのことはどうであったにしろ、坂田郡に安羅の阿那郷を開いて息長を称した息長氏族も、天日槍とともにやって来た一族であったことにまちがいはない。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 05』より引用
  • 残った近江町も、同年10月1日に米原市へ編入したことにより、坂田郡は完全消滅した。
  • 当国坂田郡にも産所村といふ所あり。 喜田貞吉『俗法師考』より引用
  • 鳥籠は犬上郡にあるので、鳥籠山は犬上郡と坂田郡との境界付近の丘陵にあたるとされるが、具体的にどの山かについては諸説ある。
  • 政令上の終点は滋賀県坂田郡米原町となっているが、合併に伴い、現在は米原市となっている。
  • そのことはどうであったにしろ、坂田郡に阿那郷を開いて息長を称した宿禰王も、天日槍とともにやって来た一族であったことにまちがいはない。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 03』より引用
  • 米原町や息長村のあった近江町のここは坂田郡で、かつてここにはまた多羅とおなじ古代南部朝鮮の小国、安羅からきた阿那郷のあったところだった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 03』より引用
  • 次へ »