坂田警部補

20 の用例 (0.00 秒)
  • ドアがあいて、坂田警部補が、何か新聞包みを持ってはいって来た。 小松左京『流れる女』より引用
  • 坂田警部補の指示で、刑事がふたり、鳥井のマンションに張りこんだのだ。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 坂田警部補の表情を見ると、私が知人の信頼を失ったことはたしかなようだった。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 涼子に対する態度を決めかねているようすで、坂田警部補は私たちを先導した。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • そういうと、涼子は私に命じて、自由が丘署の坂田警部補に連絡をとらせた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 取調室とりしらべしつのひとつで、坂田警部補と鳥井星志が私たちを待っていた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 坂田警部補はすぐ来てくれたが、親爺も心配してとんで来た、というわけだった。 小松左京『流れる女』より引用
  • 私はさりげなく一歩すすみ、旧知の坂田さかた警部補に連絡してもらった。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 翌日は土曜日だったが、困惑こんわくしきった坂田警部補から連絡を受けて、私はすぐ涼子に報告した。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 坂田警部補は赤黒いカニみたいな顔の中年男だが、人柄は悪くない。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 涼子がハイヒールのかかとを鳴らして歩き出したので、私は坂田警部補に一礼してあとを追った。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 鳥井星志が絶句ぜっくしたので、それにかわって、というわけでもないだろうが、坂田警部補が私にささやいた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 自由が丘署の坂田警部補に連絡すべきだ、と私は思ったが、協調性ゼロどころかマイナスの涼子にはそんな手間をかける気はないようだった。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 坂田警部補の顔が噴火寸前にひきつるのが見えた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • ようやく、坂田警部補はうなり声を出した。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • バスタブはセメントでかためられ、花岡空海は、駆けつけた坂田警部補の監視のもと、救急車で運ばれていった。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 坂田警部補はうなり声をあげた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 坂田警部補の眉がひくついた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 一時間後、ニガムシを半ダースまとめてかみつぶしている坂田警部補の前で、薬師寺涼子警視は、鳥井にむかって頭ごなしに決めつけた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 涼子は坂田警部補をかえりみた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用